あなたの山の日焼け対策をチェック!飲む日焼け止めを使い楽しい登山

あなたの山の日焼け対策をチェック!飲む日焼け止めを使い楽しい登山

山登りは高所だから日焼けが心配です。 標高が1,000m高くなると 平地より紫外線は約10%増加すると言われています。 夏の登山では標高2,000m~3,000 […]

これでももう迷わない!登山初心者のためのステップアップ計画

これでももう迷わない!登山初心者のためのステップアップ計画

スポンサードリンク 当ブログも100記事以上になり かなりたくさんの方に見てもらえるようになりました。 見返してみると 登山を始めたい方、初心者の方への 記事も […]

アウトドア好きの私が欲しい父の日のプレゼント3選!

アウトドア好きの私が欲しい父の日のプレゼント3選!

スポンサードリンク 「アウトドア好きの私が欲しい父の日のプレゼント3選」 という題名にしてしまったので 3つしか紹介出来ないのが残念です。 この記事を家族が見て […]

後悔したくない!テント泊のザック容量のおすすめについて

後悔したくない!テント泊のザック容量のおすすめについて

スポンサードリンク もうすぐ夏の長期休暇の季節です。 それに合わせて今年はテントデビューという方も多いと思います。 テント泊を始めるにあたっては いろいろなもの […]

春に買いたい!オフィスでもかわいいアウトドア水筒

春に買いたい!オフィスでもかわいいアウトドア水筒

春が意識されるとお店には 色とりどりの水筒が並び見ているだけでも心がウキウキしますね! スポンサードリンク 職場や部署が変わり心と一緒に 水筒も一緒に新しくしよ […]

テントのシームテープが劣化でヤバイ…保管の仕方はどうする?

夏山のシーズン前に山の道具の整理をしていました

こんなものも持っていたのかー
という感動とともに
これは劣化がヤバイことになっている…
っていうテントも有りました。

内側はベタベタで、
臭いもくさい…

そんなことにならないように
ぜひ参考にしてみてください。

スポンサードリンク
 

テントのシームテープが劣化でひどいことになりました

劣化の進行具合がすご過ぎます。

2016-07-02 16.29.55

これヤバくないですか?

マウンテンハードウェアの4季用テントなのですが
シームテープの劣化が激しすぎます。

なんかテープが溶けてきています…

今までも何個もシームテープの劣化は経験してますが
テープが溶けるようになったのは初めてです。

普通はテープが剥がれるだけですよね?

私もびっくりしました。

一般的には通気性のある保管をしましょう
と言われます。

テントって高価なので出来れば長く使いたいですよね?

今回の私の失敗を反面教師に
皆さん長くテントを使えるようにしてくださいね!

テントが劣化したら内側がベタベタです。

よくあるのは内側のコーティングがベタベタで臭くなりますよね?

今回のマウンテンンハードウェアのテントも
もちろんそうでした。

これって防水性を高めるために内側に塗る
ポリウレタンコーティングが経年変化してベタベタになるんです。

実は今回マウンテンハードウェアのテントだけ他のテントとは
保管の仕方が違っていました。

劣化しやすい?と言われる
MOSS、MARのテントはホームセンターに売っている布製のBOXに
収納袋には入れずにフライシート、本体を
別々に折りたたんで重ねて収納していました。

同じ箱にはブラックダイヤモンドのメガミットという
1ポールのティピー型も一緒に入ってました。

この布製のBOXの中では
メガミットが多少ベタベタ、
MSRが少しベタベタ
MOSSが大丈夫
そんな感じでした。

MOSSが一番上、メガミットが一番下
と言う状態で重なっていたのもこの順番に関係ありますね。

で、お伝えしている通り
私はマウンテンハードウェアのテントも所有しているはずなんです。

あれ、マウンテンハードウェアが無いぞ?

スポンサードリンク

と気がついて探したら、
ホームセンターで売っているプラスティックのBOX有りますよね?

通気性ゼロのやつ

なんとあの中でアイゼンの奥の方で
ひっそりと入っていました。

どういう経緯でそこに入っていたのかは分かりません。
もう、嫌な予感しかしませんでした。

一応収納袋には入ってませんが
期間はおそらく3年以上はそこに入っていたのではないでしょうか?

その結果が上の写真です(泣)

ザックカバーやザックでポリウレタンの
コーティングの劣化は何回も経験があります。

そしてシームテープは
はがれたことは経験あります。

でも、シームテープが溶けるようになるなんて初めてです。

どうもシームテープの品質に差がありそうですね!?

テントが劣化してベタベタ、対策はどうすればいの?

昔から言われているのですが
一般的にはMOSSのテントは劣化がやばいはずなんです。

でも今回は大丈夫でした。
(12万もして買っているので、劣化していたら泣いていましたね)

ホントに良かったです!

私の例からもわかる通り
保管には通気性がある状態が望ましいです。

でも、保管で
一番いいのは箱にも入れないことです。

スノーピークのタープがあるのですが
大きすぎて当然むき出しです。

そしてこのタープのコーティングは
全く問題がありません。

このことからも
一番通気性が良いむき出しがおすすめの保管方法です。

通気性の順番で言うと
スノーピーク⇒MOSS⇒MSR⇒ブラックダイヤモンド⇒マウンテンハードウェア
の順で悪い状態でした。

そして劣化の順は
スノーピーク⇒MOSS⇒MSR⇒ブラックダイヤモンド⇒マウンテンハードウェア

見事にこの順で劣化がひどいです。

さいごに

このテントはどうしましょう?
と悩んじゃいます。

だって、このテント実は2回くらいしか使ってないんです。

最近はずっとアライテントを使ってって放置しちゃってました。

そして調べたら、ポリウレタンコーティングは
きれいにはがせるそうなんです。

はがしさえすれば
再コーティング&シームをする手はあるので
コーティングはがしにチャレンジしたいと思います。

ちょっと時間がかかりそうな作業なので
時間が出来たらやってみるので
上手くいったらまた報告したいと思います。

それまではぜひ楽しみにしていてください!

併せてこちらにも
分かりやすくまとめたので参考にしてみてください。

後悔しないために、登山テントの保管方法や保管場所について

スポンサードリンク


関連記事とスポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP