あなたの山の日焼け対策をチェック!飲む日焼け止めを使い楽しい登山

あなたの山の日焼け対策をチェック!飲む日焼け止めを使い楽しい登山

山登りは高所だから日焼けが心配です。 標高が1,000m高くなると 平地より紫外線は約10%増加すると言われています。 夏の登山では標高2,000m~3,000 […]

これでももう迷わない!登山初心者のためのステップアップ計画

これでももう迷わない!登山初心者のためのステップアップ計画

スポンサードリンク 当ブログも100記事以上になり かなりたくさんの方に見てもらえるようになりました。 見返してみると 登山を始めたい方、初心者の方への 記事も […]

富士山の山小屋の布団で快適に寝る方法!山小屋のいびき対策

富士山の山小屋の布団で快適に寝る方法!山小屋のいびき対策

スポンサードリンク 富士山に関してだけでなく、尾瀬、北アルプスなど 人気の山小屋ではよく聞く話です 1つの布団で何人寝たとか お布団が湿っていて・・・とか お布 […]

富士登山で空いてる時期はいつ?山小屋やルート選びで混雑を回避する

富士登山で空いてる時期はいつ?山小屋やルート選びで混雑を回避する

スポンサードリンク 昨年は富士登山のブームも 大分落ち着き見せてきました。 でも落ち着きと言っても、 やはり人気のルート、季節によっては 大混雑しちゃいます。 […]

後悔したくない!テント泊のザック容量のおすすめについて

後悔したくない!テント泊のザック容量のおすすめについて

スポンサードリンク もうすぐ夏の長期休暇の季節です。 それに合わせて今年はテントデビューという方も多いと思います。 テント泊を始めるにあたっては いろいろなもの […]

登山で疲れない登り方を教えて!バテないための5つの方法

484824
昨日、天気の悪い中
登山に行ってきました。

5人で行ってきたのですが
バテてしまう人と、バテない人がいます。
何が違うのでしょうか?

バテないためにおすすめの方法を紹介します。

これからの登山シーズンに向けて
ぜひ頭に入れて楽しんで登山をしてくださいね。

スポンサードリンク
 

登山で疲れない登り方

登山でバテないためには、どんなことをすればいいのか?

対策は一つをすれば大丈夫
と言うものでもありません。

同時に対策することにより
バテる可能性が低くなります。

是非いろいろ取り入れてみて下さい。

登山でバテないためにするべき5つの対策
チェック1初めから飛ばさない 
チェック2歩き初めは、寒いかな?くらいの恰好で歩き始める 
チェック3歩く歩幅は小さく 
チェック4栄養補給はこまめにする 
チェック5荷物は軽くする

一つ一つ詳しく見てみてみましょう!

チェック1初めから飛ばさない

登山は序盤、テンションの高さから
ハイペースになりがちです。

当然ですが、体力はいつも以上に消耗してしまいます。

昔から良く言いますが
汗を掻かないくらいゆっくり歩くのがおすすめです。

実際は汗は掻きます。
でも、それを意識して歩くと言うのが大切なポイントです。

チェック2歩き初めは、寒いかな?くらいの恰好で歩き始める

よくあるのは、
汗の掻きすぎで暑くてばててしまうパターンです。

歩けば必ず、体温は上がります。
出だしは、ちょっと寒いかな?
くらいがちょうどよいことが多いです。

特に天気が悪いとき
雨具を着るときなどは要注意です。

ゴアテックスなどの通気性の良いものでも
やっぱり暑くなります。

中に着る服の量などで調整しましょう。

ちなみにこれが登山では
薄いものを重ね着しましょうと言われる理由です。

厚いものしか持っていないと
暑くて脱いだら、寒くなってしまうという状況があります。

薄いものを重ねていれば
1枚脱いでもまだ1枚ある
なんて状況があります。

なので、薄めのもので重ね着がおすすめです。

チェック3歩く歩幅は小さく

これは筋力の負担を軽減するためでもあります。

先を急ぐと
ついつい大股になりがちです。

でも、この歩き方は
すごく筋力を使います。

その結果、足が疲れて前に出ない
なんてことにつながります。

歩く歩幅は小股です!

遠くの足場でなく、
足元の足場を探して足を置いてみて下さい。

登山中、足は体重プラス荷物の重量を担ぎ上げます。
1歩1歩の負担を少なくしましょう!

スポンサードリンク

チェック4栄養補給はこまめにする

シャリバテって聞いたことありますか?

簡単に言うと、
お腹がすいて力が出ない
そんな状況です。

これを防ぐためには
こまめに食料を食べることです。

本当は、効率の良い栄養素っていうのがありますが
まずはこまめに栄養補給してみて下さい。

私の場合だと
基本的には1時間歩いたら1休憩をします。
(専門用語で1本とると言います。
「1本取る?」と言われたら「休憩する?」と言う意味です)

ちなみにその場合の休憩は5分~10分です。

その休憩の間に持ってきた食料を少し食べます。
例えばパンでも、数回の休憩に分けて食べます。

こうすると、急にお腹が減る
と言うことが無いので持続して体力が続きます。

よく聞いたことありませんか?

山での食事は
お昼ごはんじゃなくて
行動食
だって。

もちろん、その時のスタイルで
しっかり美味しいお昼をとっても構いません。

ただ、頑張って3時間歩いて
がっつりお昼食べて
また歩く

そんなスタイルだとバテますよ
と言うことです。

チェック5荷物は軽くする

登山の基本なのですが
荷物を軽くするって
実はすごく難しいことです。

だって山は何があるかわかりませんよね?

それに備えたらどうしても荷物は
増える傾向にあります。

でも、明らかに初心者の方と
ベテランさんでは荷物の量が違います。

もし、一度でもバテたことがある方
本当にすべての荷物が必要か
チェックしてみてください。

ベテランの方に聞いてみるのも
良いかもしれませんね!

登山ショップの店員に聞いてみます?

でも、気を付けてくださいね。
彼らは売るのが商売です(笑)

でも、ちゃんと山をやっている店員であれば
しっかり考えてくれるはずです。

そんな、店員を見つけることも
安全で、バテない登山をする一つの方法でもあります。


★プロの登山家がバテない山歩きを教えてくれるDVD講座を見てみる

まとめ

いかがでしたでしょうか?

普段心がけていることもあるでしょけれど
意識しないと出来ないこともあると思います。

もちろんトレッキングポールやサポートタイツなど
体力を補助するものもたくさんありますが
基本となることから取り入れてみてください。

スポンサードリンク


関連記事とスポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

これでももう迷わない!登山初心者のためのステップアップ計画
関東で登山初級者におすすめの山《百蔵山》~富士山が見える山~
尾瀬に水芭蕉を見に行こう 初心者の服装、恰好、持ち物は?
関東で登山初心者におすすめ宝登山|パワースポットの山
温泉で癒されたい!初めての山登りにおすすめの山 丹沢の白山
関東で登山初心者におすすめ大山~山頂からの雄大な展望を満喫~
関東で登山初心者におすすめ陣馬山
尾瀬の水芭蕉は何県にあるの?初心者におすすめのコースは?
関東で登山初心者におすすめな山、コース!電車派も必見です
大山のケーブルカーが当面運転休止!登山はできないの?
関東で登山初級者におすすめの丸山~奥武蔵随一の好展望~
山の日は大山で初めての山登り!安心して登山を始めたい方へおすすめ
初めて山登り行くときの持ち物と服装は?レンタルでもいいの?
趣味の登山の始め方!周りに仲間がいなくて始められない時の方法
山登りをはじめたいけど分からないどこ行けばいい?何を着ればいいの?

Menu

HOME

TOP