あなたの山の日焼け対策をチェック!飲む日焼け止めを使い楽しい登山

あなたの山の日焼け対策をチェック!飲む日焼け止めを使い楽しい登山

山登りは高所だから日焼けが心配です。 標高が1,000m高くなると 平地より紫外線は約10%増加すると言われています。 夏の登山では標高2,000m~3,000 […]

これでももう迷わない!登山初心者のためのステップアップ計画

これでももう迷わない!登山初心者のためのステップアップ計画

スポンサードリンク 当ブログも100記事以上になり かなりたくさんの方に見てもらえるようになりました。 見返してみると 登山を始めたい方、初心者の方への 記事も […]

富士山の山小屋の布団で快適に寝る方法!山小屋のいびき対策

富士山の山小屋の布団で快適に寝る方法!山小屋のいびき対策

スポンサードリンク 富士山に関してだけでなく、尾瀬、北アルプスなど 人気の山小屋ではよく聞く話です 1つの布団で何人寝たとか お布団が湿っていて・・・とか お布 […]

富士登山で空いてる時期はいつ?山小屋やルート選びで混雑を回避する

富士登山で空いてる時期はいつ?山小屋やルート選びで混雑を回避する

スポンサードリンク 昨年は富士登山のブームも 大分落ち着き見せてきました。 でも落ち着きと言っても、 やはり人気のルート、季節によっては 大混雑しちゃいます。 […]

後悔したくない!テント泊のザック容量のおすすめについて

後悔したくない!テント泊のザック容量のおすすめについて

スポンサードリンク もうすぐ夏の長期休暇の季節です。 それに合わせて今年はテントデビューという方も多いと思います。 テント泊を始めるにあたっては いろいろなもの […]

やりすぎ注意!登山中にザックのベルトが緩む原因は何?

087055

今日は私がやった登山での失敗例を紹介したいと思います。

山は雨が多いし、今は雨も多い季節ですし、
山では防水対策に気を使いますよね?

それはウェアだけじゃなくザックなどの
ギアにも言えることですね。

でも、やり過ぎた結果大変な目に合ったという話なので
是非参考にしていただけたら嬉しいです!

スポンサードリンク

登山にザックカバーはいらない!?

やっぱり登山では1gでも軽くしたい
そう願うのは私だけではないと思います。

ところで、山登りの最中ザックって雨などの水に濡れちゃいますよね?

中身などはここで紹介したようにスタッフバックを使えば
良いと思います。

ザックの中身を完全に防水する方法

でも、ザックってザックカバーしてても濡れちゃいますよね?

また、ピッケルをつけているときなどは
ザックカバーを使えないですし、

最近多い、ザックの外に
マットを括り付けている場合も
ザックが濡れることは多いです。

そんな状況が多いし、
車で登山に行っていて、濡れたザックで周りの人に迷惑をかけないし
なんて場合とかは、もはやザックカバーなんていらない
なんて結論になったりします。

また、沢をやると
濡れるのは当たり前だからザックカバーはしません。

ただそうはいっても1gでも軽くしたい!
そう思いますよね?

なので行き着く答えは
ザックに強化撥水をしちゃえばいいんだ!

そんな風に考えた人
おそらく私以外にもいるんじゃないかな?
と思います。

そういったときに、
どの防水スプレーを使います?

こんな考えの人なら
そう時間はかからずに
これに行き着くんじゃないでしょうか?

そう
ニクワックスのテント&ギア ソーラープルーフ
です。

繊維の1本1本までしっかり撥水加工できる
アウトドアの防水スプレーでは知らない人はいないんじゃないか?
くらいのメーカーです。

その中の、ウェアではなく道具にかけれるスプレーがこれです。

やっぱり防水スプレーって言ったらこれですよね!?

でも、これって
強力過ぎて使い方を間違えると大変なことになるんですよ!

スポンサードリンク

登山ザックのベルトが緩む原因は何?

当時の私はこれでバッチリと鼻歌交じりで
ニクワックス防水スプレーを
オスプレーのイーサー60Lにかけまくってました。

これでザックはほとんど水を含まないはず!
完璧だ!

ザックの隅から隅まで撥水加工して山に行ったんです。

いつも通りにザックを背負って
いつも通りに歩いていたのですが
1つだけいつもと違うことがありました。

なんか重心が後ろへかかってます。

あれ?

と思い、ザックのベルトを締めなおしました。

そして意気揚々と歩いていると
やっぱりなんか違います

???

だからまたザックを締めなおしました。

この繰り返しを何回したでしょう?

ふと気が付いたんです。
歩いているとザックのベルト(テープ)が少しずつずれて緩んでいることに。
特にわきの下のベルトが緩んでいる気がします。

もう、全く意味が分かりません。

いつもと同じような
装備だし、パッキングだし

何か違うこと…

あっ、ニクワックスしっかりかけた!

隅から隅まで、
ザック本体はもちろん
ベルト(テープ)まで

だって少しも水を含ませたくないから!

って原因はそれだ!

そうなんです。
実はテープにまでかけた防水スプレーが原因で
重みで少しずつ緩んでいったんです。

実はニクワックスの成分にはシリコンが含まれています。
加工後に独特の柔らかさと強い撥水の要因でもありますが
このシリコンが今回悪さをしたんです。

もし、ザックの本体部にだけかけたなら
今回のようなことは起きませんでした。

私が念入りにテープまでかけたことが
この悲劇を生んだんです。

悲劇?

そんな大げさな!

って思うかもしれませんが
テント泊の15kgくらいの荷物が歩くごとに後ろにずれる
この経験は2度とやりたくありません。

わきの下のテープだけじゃありません。
肩の引き付けだって
腰だって
すべてが緩むんです。

ニクワックスの成分と性能の良さが
今回裏目に出ました。

なので、私の失敗談から言えること
それは

ザックのテープには防水スプレーをかけてはダメ!

フッ素系ならどうなのかはわかりません。
もう、怖くて何もかけたくありません。

その後どうなったかと言うと

一度それをやってから
洗おうが何しようが
そのオスプレーのイーサーはずれている気がして
背負っていてなんか疲れるんで
人にあげちゃいました。

まとめ

山登りではあらゆるものに防水スプレーをかけたくなります。

でも、ザックにかけてもいいけど
テープにはかけたら駄目です。

私のように痛い目に合います。

それと、ニクワックスはかなり強力です!(笑)

スポンサードリンク


関連記事とスポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP