あなたの山の日焼け対策をチェック!飲む日焼け止めを使い楽しい登山

あなたの山の日焼け対策をチェック!飲む日焼け止めを使い楽しい登山

山登りは高所だから日焼けが心配です。 標高が1,000m高くなると 平地より紫外線は約10%増加すると言われています。 夏の登山では標高2,000m~3,000 […]

これでももう迷わない!登山初心者のためのステップアップ計画

これでももう迷わない!登山初心者のためのステップアップ計画

スポンサードリンク 当ブログも100記事以上になり かなりたくさんの方に見てもらえるようになりました。 見返してみると 登山を始めたい方、初心者の方への 記事も […]

アウトドア好きの私が欲しい父の日のプレゼント3選!

アウトドア好きの私が欲しい父の日のプレゼント3選!

スポンサードリンク 「アウトドア好きの私が欲しい父の日のプレゼント3選」 という題名にしてしまったので 3つしか紹介出来ないのが残念です。 この記事を家族が見て […]

後悔したくない!テント泊のザック容量のおすすめについて

後悔したくない!テント泊のザック容量のおすすめについて

スポンサードリンク もうすぐ夏の長期休暇の季節です。 それに合わせて今年はテントデビューという方も多いと思います。 テント泊を始めるにあたっては いろいろなもの […]

春に買いたい!オフィスでもかわいいアウトドア水筒

春に買いたい!オフィスでもかわいいアウトドア水筒

春が意識されるとお店には 色とりどりの水筒が並び見ているだけでも心がウキウキしますね! スポンサードリンク 職場や部署が変わり心と一緒に 水筒も一緒に新しくしよ […]

紅葉の涸沢が見たい、初心者のためのおすすめプランを紹介します

c2d83d5a12ca8ca043149b62d15e40ce_s

夏も本番になってきましたが
もう秋の予定を考えている方も多いと思います。

山の秋は、平地よりもずっと早く
8月もお盆を過ぎると、ぐっと冷え込んできます。

今年こそ紅葉で有名な涸沢に行きたい!
と言う方も多いのではないでしょうか?

紅葉の時期の涸沢のプランの紹介です。

スポンサードリンク
 

紅葉の涸沢が見たい、初心者のためのプランは?

登山を始めると多くの人が
意識するのが北アルプスの涸沢ですね!?

特に紅葉の時期は
横尾から涸沢に向かう道は大渋滞になるくらい
一度は見ておきたい景色の一つです。

登山ベテランの方が
「涸沢まで?誰でも行けるよー」
と言いますが本当はどうなのでしょうか?

おすすめのプランを紹介しながら
登山初心者の方が紅葉を楽しむためのポイント
をお伝えしたいと思います。

まず、基本情報としていくつかの点がります。

涸沢までのアプローチは?

一般的に言うと、涸沢までは
上高地から歩き始めます。

ざっくりとした行程時間とともに
通過ポイントを紹介します。

上高地から涸沢までの行程時間

上高地
↓1時間
明神
↓1時間
徳沢
↓1時間
横尾
↓1時間
本谷橋
↓2時間
涸沢

ここまで約6時間です。
山道と感じるのは本谷橋を過ぎてからで、
それまでは比較的歩きやすい砂利や土の道です。

アップダウンがあると、
登りより下りのほうが早く降りれますから
帰りの行程時間はもう少し短いのですが
ここは平地が多いので
行きも帰りも同じくらい時間がかかります。

大体、
上高地→涸沢で6時間
涸沢→上高地で5時間強

くらい見ておくといいと思います。

でも、紅葉の時期は
行きも帰りも山道は人だらけです。

平日の方はまだ良いのですが
特に土日がらみの場合
もっと工程に余裕を見ておいてください。

ポイント紅葉に時期は行程時間に余裕をもって

以上の基本ポイントを押さえたら
紅葉を楽しむプランの紹介です。

見どころモルゲンロートと言う言葉をご存知ですか?

モルゲンが「朝」
ロートが「赤」

朝焼けですね

24秒あたりからが見頃です。

朝の日が昇ってくる一瞬の景色なのですが
みんなこれが見たくて、
空が明るくなり始めると
テントや小屋から
ぞろぞろと登山者が出てきます。

fdff

こちらは去年の9月に涸沢から
南稜を北穂高岳に向かう途中のモルゲンロートですが
時期が早かったのも関係して
期待した真っ赤にはならなかったです。

ちなみに昨年は
9/13~9/14で行きました。

本当は紅葉時期に行きたかったのですが
予定の関係でその日程でした。

あと10日後くらいが一番きれいかな?
と言う感じでした。

スポンサードリンク

2016今年の涸沢の紅葉はどうなの?

今年はビックリするくらい
涸沢の残雪が少ないです。

紅葉は秋の冷え込みがその色に左右します。

残雪の少なさはどう影響するか?
もう少し様子見ですね。

話は戻って紅葉を楽しむプランの話に戻ります。

モルゲンロート(朝焼け)を見たいという場合
日の出には涸沢にいなくてはいけません。

1泊2日涸沢で紅葉とモルゲンロートを見たい!

小屋泊まり、1泊2日で涸沢で
モルゲンロートを楽しみたい場合は、
早朝に涸沢にいる必要があります。

上高地から涸沢までの時間は6時間です。

小屋のチェックインは常識ならば15時くらいまでには済ませたい

となると、9時くらいには上高地を
出発したいです。

上高地まではマイカー規制がかかっています。

車では行けません。
バスの時間に注意してください。

沢渡と言うところまでは車で行けます。
そこからバスに乗り換えます。

登山シーズンはバスは約30分間隔で運行しています。

沢渡から上高地まではバスで
おおよそ30分かかります。

上高地を9時には出発するとなると
余裕を見て8時くらいまでのバスには乗りたいですね!

2泊3日ゆっくり涸沢で紅葉を楽しむプラン

秋分の日が最適かはまだ分かりませんが
そういった祝日を使ったり、有給などで
2泊3日で行ける場合は
ゆっくり涸沢の紅葉が楽しめます。

奥穂高岳、北穂高岳に囲まれた涸沢で
ゆっくり1日を満喫するのはどうでしょうか?

経験者が同行していれば奥穂高岳、
だって登頂することができます。

ちなみに昨年の1泊2日
私は北アルプス初めての方と北穂高岳の
山頂も踏みました。

1日目で涸沢まで入り、
2日目早朝に北穂高岳にアタック

その足で下山後、上高地までの5時間の道のりです。

テント泊でペースもゆっくりではありましたが
10時間を超え12時間近くになる行動でした。

経験者の同行、健脚者であれば可能ですが
初心者がいるグループでしたら2泊3日がおすすめです。

2泊3日のプランの場合
日帰り同様15時までに涸沢を目指します。

2日目、モルゲンロートを楽しんだ後
奥穂高岳か北穂高岳に登ります。

山頂の雄大な景色を楽しんだ後
涸沢に下山して泊まります。

3日目、早朝モルゲンロートを楽しんだ後
朝早く道が混雑する前に上高地を目指します。

うまくいけばお昼過ぎには上高地ですから、
沢渡の温泉にゆっくり入って帰路につけます。

奥穂、北穂に登るのが不安な場合は
2日目涸沢でボーとする贅沢な登山はどうでしょうか?

涸沢はそんな過ごし方も似合うそんな場所です!

さいごに

涸沢の紅葉は何度行っても飽きません。

昔、10月の頭に行ったころ
雪に降られたことがありました。

穂高へ登ることは諦めましたが見事な
3段紅葉を楽しんだことがありました。

当然、寒さ対策は必要ですが
10月だとそういった楽しみがあります。

ただ少し難易度が上がるので
そういった場合は経験者が一緒にいると心強いですね!

そういえば、その時はパノラマルートで
上高地を目指したのですが
熊に合いました。

今年は非常に熊の被害を多く耳にします。

熊にも気を付けて楽しい秋の登山を
楽しんでください!

スポンサードリンク


関連記事とスポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP