あなたの山の日焼け対策をチェック!飲む日焼け止めを使い楽しい登山

あなたの山の日焼け対策をチェック!飲む日焼け止めを使い楽しい登山

山登りは高所だから日焼けが心配です。 標高が1,000m高くなると 平地より紫外線は約10%増加すると言われています。 夏の登山では標高2,000m~3,000 […]

これでももう迷わない!登山初心者のためのステップアップ計画

これでももう迷わない!登山初心者のためのステップアップ計画

スポンサードリンク 当ブログも100記事以上になり かなりたくさんの方に見てもらえるようになりました。 見返してみると 登山を始めたい方、初心者の方への 記事も […]

富士山の山小屋の布団で快適に寝る方法!山小屋のいびき対策

富士山の山小屋の布団で快適に寝る方法!山小屋のいびき対策

スポンサードリンク 富士山に関してだけでなく、尾瀬、北アルプスなど 人気の山小屋ではよく聞く話です 1つの布団で何人寝たとか お布団が湿っていて・・・とか お布 […]

富士登山で空いてる時期はいつ?山小屋やルート選びで混雑を回避する

富士登山で空いてる時期はいつ?山小屋やルート選びで混雑を回避する

スポンサードリンク 昨年は富士登山のブームも 大分落ち着き見せてきました。 でも落ち着きと言っても、 やはり人気のルート、季節によっては 大混雑しちゃいます。 […]

後悔したくない!テント泊のザック容量のおすすめについて

後悔したくない!テント泊のザック容量のおすすめについて

スポンサードリンク もうすぐ夏の長期休暇の季節です。 それに合わせて今年はテントデビューという方も多いと思います。 テント泊を始めるにあたっては いろいろなもの […]

秋の涸沢をテント泊で楽しむための持ち物|寝袋、ダウンについて

イラスト縦

今年こそ涸沢に紅葉を見に行きたい!
と言う方も多いと思います。

そしてその涸沢山行が初めての
テント泊と言う方も多いのではないでしょうか?

涸沢って実は地形的にも結構寒いんです。

秋の涸沢をテント泊で楽しむための持ち物のポイントです。

秋の涸沢をテント泊で楽しむための持ち物

涸沢には夏でも雪が残っているほど寒い場所です。

それは標高もそうですが
カールという独特な地形の為でもあります。

なので秋の涸沢に紅葉を楽しむ場合には
それなりの装備が必要です。

こんなに素敵な涸沢が待っています。

素敵ですねー。
ドンピシャ日程が合ったら最高ですね!

でも、せっかく行ったのに寒くて楽しめなかった
なんてならない様に、そして忘れ物の無いように
ポイントを押さえて準備しましょう!

まずは寝袋(シュラフ)です。

どのくらいの温度に対応している寝袋を用意すればいいか?
想像がつきませんよね?

涸沢の紅葉時期の最適時期は
大体毎年9月の最終週か10月の第1週くらいです。

実はこの時期だと氷点下になることもしばしばです。
去年の第3週に涸沢&北穂高に行ったのですが
北穂高岳では張った水に厚い氷が張っていました。

そして15年くらい前のことですが涸沢で雪に降られたことが有ります。
寒くて、そして安全のため涸沢でやめて上には上がりませんでした。

紅葉の時期の涸沢は
そのくらいの時期になります。

なのでシュラフのおすすめは最低でも5℃対応くらいがおすすめです。
寒がりな人は0℃対応を持って行っても良いと思います。

人気なのはスペックの割に値段が安い
モンベルのダウンハガー#3あたりです。

寒がりな方は

あたりがおすすめです。

そして忘れてはいけないのが
外で星を見るとき、ご飯を食べるときにも使うので
上下のダウンを持って行くことをおすすめします。

上下で男女違いを紹介してますが
こういったものです。

このようなダウンの上下があると
夜の食事、星を見に行く、モルゲンロート(朝焼け)を見に行く時だけでなく
寝るときにも重宝します。

ダウンウェアがあるから
#2ではなくて#3という選択もあると思います。

シュラフが違うと
ザックの大きさにも関係しますから
そこらあたりも考えたほうが良いですね。

こちらも是非参考にしてみてください。
登山のテント泊の装備、おすすめのザックと選び方の注意点について

シュラフカバーはいるの?
と質問が出ると思いますが特にこの時期は有ったほうが良いと思います。

保温力が上がるのもそうですし、
シュラフの表面が結露でビショビショになるのを防げます。
(シュラフカバーによってはカバーの内側が結露で濡れることもあります。)

さいごに

秋の紅葉を楽しむには暖かいシュラフやダウンウェアは必携です。
でも、総額となると結構高いです。

こんなサービスを使っても良いのではないでしょうか?



シュラフだと5000円くらいでレンタルできるようです。
ダウンウェアだと4000円くらいのようですね。

レンタルシュラフの方はインナーシーツもあると
気持ちよく寝れますよ。
シュラフの中に使うシーツについて

是非お読みください。

また、今回はモンベル製品ばかり紹介していますが
綿物はモンベル良いですね。

価格の割には良い物をリリースしてくれてます。
海外メーカーも良いですが
日本メーカーも良いですよ!

スポンサードリンク


関連記事とスポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP