あなたの山の日焼け対策をチェック!飲む日焼け止めを使い楽しい登山

あなたの山の日焼け対策をチェック!飲む日焼け止めを使い楽しい登山

山登りは高所だから日焼けが心配です。 標高が1,000m高くなると 平地より紫外線は約10%増加すると言われています。 夏の登山では標高2,000m~3,000 […]

これでももう迷わない!登山初心者のためのステップアップ計画

これでももう迷わない!登山初心者のためのステップアップ計画

スポンサードリンク 当ブログも100記事以上になり かなりたくさんの方に見てもらえるようになりました。 見返してみると 登山を始めたい方、初心者の方への 記事も […]

富士山の山小屋の布団で快適に寝る方法!山小屋のいびき対策

富士山の山小屋の布団で快適に寝る方法!山小屋のいびき対策

スポンサードリンク 富士山に関してだけでなく、尾瀬、北アルプスなど 人気の山小屋ではよく聞く話です 1つの布団で何人寝たとか お布団が湿っていて・・・とか お布 […]

富士登山で空いてる時期はいつ?山小屋やルート選びで混雑を回避する

富士登山で空いてる時期はいつ?山小屋やルート選びで混雑を回避する

スポンサードリンク 昨年は富士登山のブームも 大分落ち着き見せてきました。 でも落ち着きと言っても、 やはり人気のルート、季節によっては 大混雑しちゃいます。 […]

後悔したくない!テント泊のザック容量のおすすめについて

後悔したくない!テント泊のザック容量のおすすめについて

スポンサードリンク もうすぐ夏の長期休暇の季節です。 それに合わせて今年はテントデビューという方も多いと思います。 テント泊を始めるにあたっては いろいろなもの […]

カリマーセールが開始!ウィンドブレーカーはレインウェアの代わり?

116763

梅雨ももうすぐ明けて今から本格的な登山シーズンの始まりと言う
この時期にセールなんてうれしいですね!?

気になっていたアイテムGetしちゃいましょう!
ウィンドブレーカーやレインウェアもSaleです

スポンサードリンク

カリマーの最新モデルがもうセールに!?

早いですね!
もう最新モデルがセールだそうですよ!

カリマー2015SSセール

無料会員になれば、送料無料で5%ポイント還元
¥5,000くらいのものでも送料が無料です

カリマーファンの方にはうれしいニュースですね!

ちなみにオンラインショップの中で

triton light jktやpicos jktやvector jktはウインドブレーカーです

phantom jktは雨具(レインウェア)ですね!?

と言うのは、よく山の装備をそろえるときの質問で多いのですが
「ウインドブレーカーは雨具になりますか?」
「すごく水を弾くんです!」

と言うもの・・・

ウインドブレーカーはレインウェアの代わりになるのか?

「ウインドブレーカーは雨具になりますか?」

なりません!!!(`Д´)

雨具はウインドブレーカーの代わりになりますか?
という逆の質問ならば、状況にもよりますけどなりますよ
と答えられるのですが・・・

最近の雨具(レインジャケット)は格好が良くぱっと見ただけでは分かりませんよね??

撥水の技術も上がっているから、いつか経験した街での雨
「あの時すごく弾いて濡れなかったからこれ雨具なんだ!」
なんて勘違いしている人も多いのも事実

そこらへんの山で(そこらへんもなめちゃ駄目だけど)雨に打たれるならまだしも
年に1回いく富士山で、装備代を浮かせようとしてウインドブレーカーなんかで行ったら・・・

生きて帰っていたら?

スポンサードリンク

それは運がいいだけだと思います

と言うことで

ウインドブレーカーはレインウェアの代わりになるのか?
なりません!!!

レインウェアはゴアテックスじゃなきゃ駄目?

レインウェアはゴアテックスがいいと聞いたのですがゴアテックスじゃなければ駄目ですか?

よくこんな質問も多いです

この答えは

大丈夫です!

確かにゴアテックは性能が良いです
買えるなら、山登りを続けていくなら
ゴアテックスのレインウェアにしたほうが良いと思います

でも、絶対ゴアテックスかと言われたら?
ゴアテックスじゃなくてもいいと思います

ちなみにゴアテックスというのは素材の名前です(会社名にもなっていますが)

登山メーカーに限らず、雨具を作ろうとして他社から生地を買ったら高くなりますよね?
だから、大きなメーカーは自社でゴアテックスに似た素材を開発したりしています

そのような素材を使った雨具でも大丈夫と言う人(状況)も大勢います

一方、ゴアテックス神話なるものもあるので多くのメーカーは
ハイエンドにゴアテックスを使ったレインウェアをラインナップして
そして稼ぎ頭として自社生地を使っている商品も用意するところが多いです

性能の良い雨具の生地としては
モンベルのドライテック
ミズノのベルグテック
などが知られていますね?

ゴアテックスレインウェアが¥30,000以上するのに対して
上記ならば¥15,000くらいで買うことが出来ちゃうんですよ
(デザインだってマニアじゃなきゃ気が付きませんよ!)

まとめ

なので、登山の雨具(レインウェア)の選び方のポイントは

・使用頻度
・予算
・デザイン

などを総合して雨具は選ぶと良いと思います

スポンサードリンク


関連記事とスポンサードリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP