あなたの山の日焼け対策をチェック!飲む日焼け止めを使い楽しい登山

あなたの山の日焼け対策をチェック!飲む日焼け止めを使い楽しい登山

山登りは高所だから日焼けが心配です。 標高が1,000m高くなると 平地より紫外線は約10%増加すると言われています。 夏の登山では標高2,000m~3,000 […]

これでももう迷わない!登山初心者のためのステップアップ計画

これでももう迷わない!登山初心者のためのステップアップ計画

スポンサードリンク 当ブログも100記事以上になり かなりたくさんの方に見てもらえるようになりました。 見返してみると 登山を始めたい方、初心者の方への 記事も […]

富士山の山小屋の布団で快適に寝る方法!山小屋のいびき対策

富士山の山小屋の布団で快適に寝る方法!山小屋のいびき対策

スポンサードリンク 富士山に関してだけでなく、尾瀬、北アルプスなど 人気の山小屋ではよく聞く話です 1つの布団で何人寝たとか お布団が湿っていて・・・とか お布 […]

富士登山で空いてる時期はいつ?山小屋やルート選びで混雑を回避する

富士登山で空いてる時期はいつ?山小屋やルート選びで混雑を回避する

スポンサードリンク 昨年は富士登山のブームも 大分落ち着き見せてきました。 でも落ち着きと言っても、 やはり人気のルート、季節によっては 大混雑しちゃいます。 […]

後悔したくない!テント泊のザック容量のおすすめについて

後悔したくない!テント泊のザック容量のおすすめについて

スポンサードリンク もうすぐ夏の長期休暇の季節です。 それに合わせて今年はテントデビューという方も多いと思います。 テント泊を始めるにあたっては いろいろなもの […]

オフシーズンの登山靴の保管方法!気を付けるべき5つのポイント

468a7e388e95d49bf8b72cf1dd79b6f3_s
秋の紅葉を楽しんだのを最後に
今シーズンの登山は終わり~

そんな方も多いと思います。

シーズンオフに悩むのが登山用品の仕舞い方じゃありませんか?
その登山用品の中でも仕舞う方法で特に注意したいものがあります。

登山靴です。

来シーズンも気持ちよく使うための
オフシーズンの登山靴の保管方法についてです。

スポンサードリンク

オフシーズンの登山靴の保管方法はどうする?

なぜ登山靴の保管に特に注意しなくてはいけないのか?

それは
他の用品に比べて劣化するのが早いことと
劣化した場合に最悪は命にもかかわるかもしれない

というためです。

登山靴のどこが劣化するかというと
ソールの部分です。

劣化した登山靴のソールは
いきなりガバッとはがれてしまうことが有ります。

実はしばらく前より
より劣化の少ない素材を使うメーカーが増えては来ていますが
やはり素材の劣化は避けられません。

ソールの素材がボロボロに壊れることもあれば
接着剤の劣化によってソールが剥がれることもあります。

いづれもそうなったとしたら
普通には歩けません。

もしそこが岩場だったり
まだまだ行程が長かったらそれこそ大変です。

なのでそうならないような対策、
仕舞い方がとても大事です。

では具体的にどんな仕舞い方をすればよいのしょうか?

大事なのは

1、汚れを良く落とす 
2、よく乾かす
3、密封はしない=風通しに気を遣う
4、暑いところは避ける
5、中に新聞紙など入れて、紐も結んで型崩れを伏せぐ
こういったポイントです。

まず
1、汚れを良く落とす

これは泥汚れなどは靴の細かな穴が詰まると
汗を出す透湿性を損なうのですが、そういった機能面の話だけでなく
地中のバクテリアなどもきれいに落としておかないと
靴の劣化が早まるからです。

2、よく乾かす

ソールには湿気はNGです。
湿気&高温なんてなると、靴に良く使われている
ポリウレタンと言う素材の劣化は早まります。

また、EVAと言われる素材を使っていたとしても
EVAの接着に使われている接着剤も劣化をします。

こういったことを防ぐには
しっかりと乾燥させることです。

スポンサードリンク

3、密封はしない=風通しに気を遣う

前項に似ているのですが
乾いたと思って湿気が入らない様にと密封すると
気候によっては逆に湿気がこもる原因になってしまうことが有ります。

密封はNGです。

4、暑いところは避ける

例えば車内
これは特に最悪です。

高温すぎは素材にとって良くありません。

5、中に新聞紙など入れて、紐も結んで型崩れを伏せぐ

紐だらーん、
そしてほかの靴が何かの下になって型が崩れまくり・・・

それじゃ安全登山が出来ません。

紐を縛って
ベロ位置を直して、
型崩れをしないように新聞紙を丸めて中に入れて
それで保管してみてください。

以上5つのポイントでしたが
このようなことを意識して
オフシーズンに保管すると靴はすごく長持ちしてくれます。

また、ちゃんと靴に向き合ってあげてメンテナンスしていると
ソールの溝の深さなどにも気を配れます。

もし、ソールがすり減って溝が浅くなっていたら
オフシーズンの間に張り替えることだってできます。

登山靴のソール張り替えは
大体1万円前後で出来ます。

高価な登山靴ならばソール以外がしっかりしていれば
1回は張り替えて使用することも可能です。

せっかく足に合っている登山靴を
ソールの劣化、溝のすり減りだけで手放すのはもったいないです。

新しい靴を買っても
また慣れるのに時間がかかるかもしれないですしね。

さいごに

以上、登山靴の保管方法を紹介しました。

細かいことが安全登山にもつながります。
しっかり靴を保管してあげてください。

ただ本当はオフシーズンを作らず、
なるべく多くの回数を履いてあげたほうが靴は長持ちしたりするんです。

と言っても硬い靴を冬の低山で履くのも疲れるので
保管するときはしっかり気を使ってみてくださいね!

スポンサードリンク


関連記事とスポンサードリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP