あなたの山の日焼け対策をチェック!飲む日焼け止めを使い楽しい登山

あなたの山の日焼け対策をチェック!飲む日焼け止めを使い楽しい登山

山登りは高所だから日焼けが心配です。 標高が1,000m高くなると 平地より紫外線は約10%増加すると言われています。 夏の登山では標高2,000m~3,000 […]

これでももう迷わない!登山初心者のためのステップアップ計画

これでももう迷わない!登山初心者のためのステップアップ計画

スポンサードリンク 当ブログも100記事以上になり かなりたくさんの方に見てもらえるようになりました。 見返してみると 登山を始めたい方、初心者の方への 記事も […]

アウトドア好きの私が欲しい父の日のプレゼント3選!

アウトドア好きの私が欲しい父の日のプレゼント3選!

スポンサードリンク 「アウトドア好きの私が欲しい父の日のプレゼント3選」 という題名にしてしまったので 3つしか紹介出来ないのが残念です。 この記事を家族が見て […]

後悔したくない!テント泊のザック容量のおすすめについて

後悔したくない!テント泊のザック容量のおすすめについて

スポンサードリンク もうすぐ夏の長期休暇の季節です。 それに合わせて今年はテントデビューという方も多いと思います。 テント泊を始めるにあたっては いろいろなもの […]

春に買いたい!オフィスでもかわいいアウトドア水筒

春に買いたい!オフィスでもかわいいアウトドア水筒

春が意識されるとお店には 色とりどりの水筒が並び見ているだけでも心がウキウキしますね! スポンサードリンク 職場や部署が変わり心と一緒に 水筒も一緒に新しくしよ […]

本当に危険だらけ!?沢登りと山登りとはどう違うの?

秋田県の沢登りで遭難?していた
7名の方が見つかりました。

良かったですね!

ニュースによると7人の方は沢登りだったのかな?

でも一般的に沢登りってどんなものか知られていないので
ニュースには様々な意見が寄せられていますね。

なので個人的な意見も入りますが
ちょっと沢登りを紹介したいと思います。

スポンサードリンク

沢登りと山登りとはどう違うの?

今回ニュースになった
森吉山の沢登りの動画がありました。

でも、この沢かはわかりませんので
沢登りってこういうものと言うことで見てみてください。

素敵じゃありません?

いやーこんなジメジメしてそうなの嫌だ―、
私が好きなのは日が当たる場所ー
って方もいますよね?

これも沢登りです。

こっちは縦の滝が有ってアドレナリンが出るタイプですね!?
何かを達成した時の充実感っていいですよね?

それをビシビシ感じれるタイプですね。

そしてこんな壮大な沢登りもあります。

色々な沢の楽しみ方がありますが
こちらは沢屋のあこがれ黒部の上の廊下とよばれる沢登りで
2泊3日くらいかけての登っていきます。

正直しょっちゅう事故も起きる沢です。

このように1日(日帰り)から数泊かけて沢を遡行するのを
沢登りと言います。

同じ山登りですが
一般的なイメージの山登りとはだいぶ違いますよね?

普通の山歩きからすると
危険個所も多くなり、クライミング道具を使う箇所もあったり
登山、クライミングの総合的な技術が必要とされます。

でも、なめ滝と言ってゆるーやかな傾斜の
水が流れる岩をただ歩くものもあります。

なんとなくどんなものか
イメージわきました?

こんな感じの山登りなので
一般的にはパーティーには絶対に山登りのベテランがいるはずです。

パーティーすべてが初心者ってことはまずないと思います。

今回の方々は宿に連絡がなかったので
遭難か?ということで捜索が始まったみたいですね。

宿とどのようなコミュニケーションをしていたのかは
私は知りません。

「電話しろとか」
「技術がないのに山に入るな」
とかのご意見もあるようです。

でも沢に入ると、たとえドコモだろうが
電波が入らないことなんか当たり前です。

GPSさえロストすることがよくあるくらいです。

電話したくても出来ないことも良くあります。

もし、沢に入っていて
いきなり増水したら?

ビバークと言ってそれ以上先に進まず
1晩あかすことなんか当たり前です。

雨が降ってきたなぁー
なんて言っているうちにいきなり増水することも良くあります。

でも、だからと言って遭難していいと言っているのではないので
誤解しないでください。

遭難になれば今回のように多数の人が動くので
もし、下山後に宿に泊まるのなら
こういう山登りなので、もしかしてチェックインしないかもしれない
(もちろんキャンセル料は全額払います)
などの打ち合わせをしてもいいのかな?
なんて個人的には思います。

していたのかもしれませんし。

山岳保険にも入っている事でしょう!?

別に遭難したくて山に入っている訳でもないですし、
もし仮に遭難してしまったらと言うときのための保険ですし、
仮に山登りだからだめだって言われるのなら、
自動車事故だって事故りたくて車乗ってるわけじゃないし
もしもの時のための保険に入っているわけだし…

今回記事書いたのは
こんな世界が有って
彼らが沢登りだとしたらこんな背景もあるよ
ということを言いたかっただけなのですが

同じ沢をやる身ですから
ちょっと書いてみました。

スポンサードリンク

色々な人がいるわけでこんなことをする人たちだっているんです。

見ていると笑ってしまうくらい
頭がおかしいんじゃないかと思うヤバイ映像です。

彼らの動画を見るとわかりますが
スピードが半端ない!
ロープ無しのソロクライミング

ただ歩くだけの私には
おかしなことだらけです!

ヤバすぎる登山家たちの動画集

Ueli Steck New Speed Record Eiger 2015

スイスの登山家ウーリー・ステックは
アイガー北壁をソロで2時間22分50で登っています。

通常の登山家はこのルート2日かかるそうです。

次はこちらです。

World’s Fastest Person to Climb the Matterhorn | Dani Arnold

こちらはマッターホルン北壁を1時間46分で登った
スイスの登山家ダニー・アーノルド

通常このルートは9時間くらいかかるそうです。

ウーリー・ステック、ダニー・アーノルドと言い
スイスにはヤバイ登山家だらけです!

通常のスポーツやアクティビティは
自分もやってみたい!
と思う私ですがこれに関しては全く思いません。

さいごに

話がだいぶそれてしまいました。

沢登りって、釣った魚を焚火で焼いて食べたり
テントも張らずタープだけで野宿したり
自然がグッと身近に合って楽しい世界です。

世の中には色々な趣味の方がいますよね?
沢登りっていうものが有ってそれはこんな世界です。

スポンサードリンク


関連記事とスポンサードリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP