あなたの山の日焼け対策をチェック!飲む日焼け止めを使い楽しい登山

あなたの山の日焼け対策をチェック!飲む日焼け止めを使い楽しい登山

山登りは高所だから日焼けが心配です。 標高が1,000m高くなると 平地より紫外線は約10%増加すると言われています。 夏の登山では標高2,000m~3,000 […]

これでももう迷わない!登山初心者のためのステップアップ計画

これでももう迷わない!登山初心者のためのステップアップ計画

スポンサードリンク 当ブログも100記事以上になり かなりたくさんの方に見てもらえるようになりました。 見返してみると 登山を始めたい方、初心者の方への 記事も […]

富士山の山小屋の布団で快適に寝る方法!山小屋のいびき対策

富士山の山小屋の布団で快適に寝る方法!山小屋のいびき対策

スポンサードリンク 富士山に関してだけでなく、尾瀬、北アルプスなど 人気の山小屋ではよく聞く話です 1つの布団で何人寝たとか お布団が湿っていて・・・とか お布 […]

富士登山で空いてる時期はいつ?山小屋やルート選びで混雑を回避する

富士登山で空いてる時期はいつ?山小屋やルート選びで混雑を回避する

スポンサードリンク 昨年は富士登山のブームも 大分落ち着き見せてきました。 でも落ち着きと言っても、 やはり人気のルート、季節によっては 大混雑しちゃいます。 […]

後悔したくない!テント泊のザック容量のおすすめについて

後悔したくない!テント泊のザック容量のおすすめについて

スポンサードリンク もうすぐ夏の長期休暇の季節です。 それに合わせて今年はテントデビューという方も多いと思います。 テント泊を始めるにあたっては いろいろなもの […]

尾瀬に水芭蕉を見に行こう 初心者の服装、恰好、持ち物は?

ゴールデンウィークが過ぎて、雪深い尾瀬にも春が訪れると
いよいよ楽しみの水芭蕉の季節です。

尾瀬の水芭蕉は例年5月の末の山開き後から6月下旬まで楽しむことがでます。

友人に誘われたりして始めて尾瀬に行く方は
どんな服装、恰好をしていいのか分かりませんよね?

今日は尾瀬で水芭蕉を楽しむためポイントをお伝えします。

スポンサードリンク
 

尾瀬に水芭蕉を見に行くときの服装は?

大体尾瀬は平地より10℃くらい涼しい場所になります。

また、水芭蕉を見たいと思うと
どのルートを通ろうとも多少山道を歩くことになります。

さらに尾瀬は結構雨が降る場所です。

なので、
「尾瀬ってみんなが行くから普段着でも大丈夫でしょ?」
なんて軽い気持ちで行くと結構痛い目に有っちゃいます。

ポイント1
尾瀬は平地より10℃くらい涼しい

ポイント2
どのルートを通ろうとも多少山道を歩く

ポイント3
尾瀬は結構雨が降る

上記のポイントから、以下に服装の注意点をご紹介します。

尾瀬に水芭蕉を見に行くときの服装

  • 雨具(上下セパレート)
  • 防寒着(コンパクトになるダウンジャケットなどがベター)
  • シャツ(長袖がベスト)
  • パンツ(足上げの良いトレッキングパンツがベスト)
  • 肌着(速乾性のもの、夏用TシャツでもOK)
  • 靴下(綿ではないもの)
  • 帽子(高所は日差しが強いです)
  • 手袋(木や岩を掴んだ時ように。軍手でも大丈夫です)

ポイントを解説します。

雨具

雨具は出来れば上下セパレートのものが望ましいです。
もし、風が出てきたとき上だけ着たりと言う使い方も出来ますし、
土砂降りになるとポンチョタイプではビショビショになってしまいます。

防寒着

天気が良ければ、もしかして防寒着は必要ないかもしれません。
しかし、天気が崩れやすいのが山の天候です。
持っていなくて寒い思いするより、使わないですんだ
と言うほうが安全上もおすすめです。

シャツ&パンツ&肌着

ポイントは綿でないものです。
ポリエステル、ウール、アクリル、ナイロンなど
乾きが良かったり、濡れても寒くない素材がおすすめです。

靴下

なかなか家に厚手の靴下ってないかもしれません。
しかし、靴擦れで痛くて歩けなくならないように
ウールやアクリル素材の厚手の靴下がおすすめです。

帽子

もしかして、頭上の木に頭をぶつけるかも知れません。
もしかして転ぶかもしれません。

また、高山の日差しはとても紫外線が強いです。
帽子につけられる日除けなども併用がおすすめです!

手袋

登山中は何気に手を付いたりしがちです。
先日ご紹介したケブラー手袋だったらベストですが
軍手でも構いませんので忘れずに!

尾瀬で水芭蕉を見に行くとき初心者の恰好は?

尾瀬って初心者でも行けるから行こうよ!
なんて言われるといかにも簡単と思いますよね?

確かに登山道もしっかり整備されています。
しかし歩くところは山道です。

そして湿原に到着すると今度は木道を歩きます。
濡れた木道はすごく滑りやすくなります。

なので、しっかりした格好(装備)も必要になります。

また、山道を歩くので安全上両手はフリーにして
いざと言うとき周りのものを掴めるようにザックがおすすめです。

肩掛けバッグなどは、ブラブラして危ないのでお勧めしません。

尾瀬に水芭蕉を見に行くときの服装

  • トレッキングシューズ
  • ザック (20L~30Lくらい)
  • ザックカバー

ポイントを説明します。

ごつい登山靴までは要りませんが、
底のボコボコした滑りにくいものがおすすめです。

ローカット(足首が出ている)の靴でも構いませんが、
足首の捻挫が心配な場合は足首まである
ミドルカット、ハイカットの登山靴がおすすめです。

ザック&ザックカバー

ちなみにザックとリュックは同じものです。
言語の違いです。

日帰りで行く方も、泊りの方も
やはり山道を数時間歩く場合それなりの持ち物が必要です。

それら装備すべてが入る大きさのザックと
中身を濡らさない為のザックカバーが必要
です。

スポンサードリンク

尾瀬の持ち物、日帰りの場合は?

尾瀬に日帰りで行く場合の持ち物をご紹介します。
ただ尾瀬って個人的には宿泊したほうが楽しめると思っています。

日帰りの装備と言っても山小屋泊の方も同じになるので
ぜひご覧ください。

尾瀬に日帰りで行くときの持ち物

  • 水筒 (1L~1.5Lくらい)
  • 行動食orお弁当
  • タオル
  • ティッシュペーパー
  • ビニール袋(ごみの持ち帰りや雨具を履くときに使えるので数枚)
  • 小銭(トイレ用に 100 円玉)
  • レインスパッツ(あると便利)
  • ストック(あると便利)

ピックアップしてポイント説明します。

ビニール袋

尾瀬と言うより山では基本的には自分の出したごみは持ち帰りましょう!
また、ビニール袋は雨具を履くときに使える便利グッズなんです。

使い方はこちらをご覧ください。

ストック

山歩きに自信のない方、膝が心配な方はあると便利です。
詳しくはこちらをご覧ください。

小銭

尾瀬だけではなく山のトイレはチップ制が多いです。
絶対に払わなくてはいけないものではないのですが、
トイレの維持費に当てられます。

今後も気持ちよくトイレを使用できるよう私は払っています。
トイレが汚いと、その山自体を敬遠してしまいますよね?

尾瀬一泊の持ち物は?

山小屋に泊まるときの持ち物として
基本的なものは日帰りの時と変わりませんので
まずは前章をチェックしてください。

次に小屋の宿泊ならではのものをご紹介します。

尾瀬に山小屋一泊で行くときの持ち物

  • ヘッドランプ
  • 着替え
  • シーツ(あると便利)

ヘッドランプ

ヘッドランプですが本当は個人的には安全面から言うと
基本装備に入れたいものではあります。

ただ、山小屋の消灯後の明りとしてこちらにピックアップしました。

でも、もしかして日が暮れてしまったときのために
出来れば山歩きでは常に持っていきたいですね!

オーバースペックなヘッドランプは要りません。
選び方はこちらをご覧ください。

着替え

夜お布団に入る着るものです。
パジャマを着ている人は一人もいないのでパジャマは持って行かないようにしましょう。

私はナイロンや麻の薄いパンツを持っていくことが多いです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

モンベル ストレッチO.D.パンツ Women’s #1105472
価格:5724円(税込、送料無料) (2017/5/17時点)

こういったアウトドアメーカーのパンツならば
メインのウェアが濡れてしまったときの替えのパンツとしても使えるので
私はこういったものを愛用しています。

寝るとき上に着るものは、新たに準備するのではなく
次の日に着ようと思って持って行った長袖Tシャツを着ることが多いです。

パジャマ兼次の日用とすれば1枚で済むので軽量化にもなります!

シーツ

シーツと聞くと???ですよね?

こちらに詳しくご紹介しているのですが、
人が使った布団が嫌だという場合は、シーツがあれば快適に眠ることができます。

重いものではありませんが体力に余裕があったら持って行ってもいいと思います。

まとめ

一生に一度は尾瀬に行きたい!
そう思っている方も多いと思います。

しかし、気になるのは服装や装備ですよね?

実は、今日ご紹介したものを新たにすべてをそろえたら
おそらくトータル金額は8万円くらいは行ってしまうのではないでしょうか?

服まですべて買ったらもしかして10万円くらい行くかもしれません。

でも、そんな時はレンタルと言う手があります。

「そらのした」さん
ではこれだけ借りて1泊2日で8,980円で済んじゃいます。

年に数回ならば、服装や装備をもっていかないで危険な目に合うならば
レンタルは十分ありだと思います!

今年こそ一生のうちに一度は目にする価値のある尾瀬の水芭蕉を見たいですね!

スポンサードリンク


関連記事とスポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

これでももう迷わない!登山初心者のためのステップアップ計画
尾瀬の水芭蕉は何県にあるの?初心者におすすめのコースは?
山登りをはじめたいけど分からないどこ行けばいい?何を着ればいいの?
関東で登山初心者におすすめな山、コース!電車派も必見です
山登りを始めるベストシーズン!?カサカサ落ち葉のメロディーを♪
登山で疲れない登り方を教えて!バテないための5つの方法
初めて山登り行くときの持ち物と服装は?レンタルでもいいの?
関東で登山初級者におすすめの山《百蔵山》~富士山が見える山~
山の日は大山で初めての山登り!安心して登山を始めたい方へおすすめ
関東で登山初心者におすすめ陣馬山
登山初心者におすすめの西武池袋線沿いの山を紹介します
関東で登山初級者におすすめの丸山~奥武蔵随一の好展望~
関東で登山初心者におすすめ宝登山|パワースポットの山
趣味の登山の始め方!周りに仲間がいなくて始められない時の方法
温泉で癒されたい!初めての山登りにおすすめの山 丹沢の白山

Menu

HOME

TOP