あなたの山の日焼け対策をチェック!飲む日焼け止めを使い楽しい登山

あなたの山の日焼け対策をチェック!飲む日焼け止めを使い楽しい登山

山登りは高所だから日焼けが心配です。 標高が1,000m高くなると 平地より紫外線は約10%増加すると言われています。 夏の登山では標高2,000m~3,000 […]

これでももう迷わない!登山初心者のためのステップアップ計画

これでももう迷わない!登山初心者のためのステップアップ計画

スポンサードリンク 当ブログも100記事以上になり かなりたくさんの方に見てもらえるようになりました。 見返してみると 登山を始めたい方、初心者の方への 記事も […]

富士山の山小屋の布団で快適に寝る方法!山小屋のいびき対策

富士山の山小屋の布団で快適に寝る方法!山小屋のいびき対策

スポンサードリンク 富士山に関してだけでなく、尾瀬、北アルプスなど 人気の山小屋ではよく聞く話です 1つの布団で何人寝たとか お布団が湿っていて・・・とか お布 […]

富士登山で空いてる時期はいつ?山小屋やルート選びで混雑を回避する

富士登山で空いてる時期はいつ?山小屋やルート選びで混雑を回避する

スポンサードリンク 昨年は富士登山のブームも 大分落ち着き見せてきました。 でも落ち着きと言っても、 やはり人気のルート、季節によっては 大混雑しちゃいます。 […]

後悔したくない!テント泊のザック容量のおすすめについて

後悔したくない!テント泊のザック容量のおすすめについて

スポンサードリンク もうすぐ夏の長期休暇の季節です。 それに合わせて今年はテントデビューという方も多いと思います。 テント泊を始めるにあたっては いろいろなもの […]

マダニが原因のリッチケア症とは?対策や虫よけスプレーはどれを選ぶ?

一昔前のセアカゴケグモに始まり、最近のヒアリと言い日本も外来種によりかなり危険な国になってきたしまいました。

リッチケア症と言うものをご存知ですか?

マダニやツツガムシによって罹ってしまう事も有るという
最悪亡くなってしまうこともある病気です。

キャンプ、山登りなどアウトドアで遊ぶ方はぜひお読みください!
実は虫よけはどれでも効果がある訳ではないんです!

スポンサードリンク
 

リッチケア症とはどんな病気?

リッチケア症って知っていましたか?
あまり聞きなれない言葉ですよね?

アウトドアで遊ぶ私たちは知っておいたほうが良い、リッチケア症について詳しく見てみましょう!

リッチケア症とは

リッチケアと言う細菌(種類は世界にたくさんいる)により
感染すると以下の症状が現れることがある病気
…高熱、頭痛、倦怠感、発疹

日本では現在3種類のリッチケア症が認識されています。

日本で罹る可能性のあるリッチケア症の種類

・ツツガムシ病
・日本紅斑熱
・発疹熱

リッチケア症にかかる原因

ツツガムシ病、日本紅斑熱、発疹熱自体あまり聞きなれない言葉かと思います。
それぞれ詳しく見てみましょう。

ツツガムシ病
…ツツガムシというダニの幼虫に刺される事による

日本紅斑熱
…マダニに刺されることによる

・発疹熱
…ネズミにいるネズミノミの排便などから

これら、マダニ、ツツガムシ、ネズミノミがリッチケアという細菌を保菌している場合があり、刺されたときに発症する場合があります。

リッチケア症に罹るとどうなる?

日本でも近年500以上のリッチケア症の報告がありますが、症状としては高熱、頭痛、倦怠感、発疹などですが、その中で毎年数名の死者が出ています。

リッチケア症の治し方

実はリッチケアには有効な薬があるので、適切な処置をした場合は治ります。
しかし気が付かずに放置した場合死亡例もありますので、心配な場合は適切な医療機関を受診しましょう。

病院ではハシカと間違われることもあるそうなので、野山に出かかたことも報告したほうがよさそうです。

ダニに刺されたら必ずリッチケア症になるの?

ダニに刺された場合、必ずリッチケア症になってしまうのかと心配になりますが、刺されたからと言って必ずリッチケア症になる訳ではありません。
すべてのダニにリッチケア(細菌)がいるわけではありません。
保菌しているダニに刺された場合になることがあります。

スポンサードリンク

リッチケア症に罹らないための対策は?

前章でご紹介した通り私たちアウトドアで遊ぶ人間の場合リッチケア症は
特にマダニとツツガムシと言うダニの幼虫に気を付ける必要があります。

夏の暑いときは半ズボン&半袖でキャンプや山登りに出かけることが多くなると思います。
出来れば、長ズボン&長袖を着用して肌の露出を少なくしましょう!

そして虫よけ対策をしましょう!

リッチケア症対策に有効な虫よけはどれ?

イカリジンと言う成分をご存知です?
最近日本でも承認された成分なのですが蚊、ブユ(ブヨ)、アブ、マダニに効果があります。

虫よけと言うとディートが思い浮かびますよね?
一時期ディートは健康に害があると言って「ディート不使用」と言うのが流行りました。
ジカ熱などのヤバイ病気も流行ってきている近年の基本の状況より、今またディート30%配合と言うものが出回ているそのディートです。

実はディートはイカリジンに比べ対応する虫の種類が多いんです。
蚊、ブユ(ブヨ)、アブ、マダニのほかにノミ、イエダニ、サシバエ、ツツガムシなどに効果があるとされています。

リッチケアを保菌している可能性があるツツガムシはディートしか効果が期待できません。

イカリジンのメリットはディートに比べ健康被害が少ないとされています。
お肌の弱い方や、赤ちゃんにも使えるとされています。

一方ディートには制限があります。
生後半年未満の赤ちゃんにはNG、半年~2歳未満は1回/1日、2歳~12歳未満で3回/1日までです。

なので、リッチケア症対策ならばツツガムシにも効果の期待できるディートの方が有効になるのですが、使う方の年齢に合わせてお選びください。

イカリジン配合の虫よけをご紹介します。

天使のスキンベープ

缶のデザインが可愛い子供向けであることから、子供にも使えるというのが伺えます。

次にご紹介するのはディートが30%入った虫よけです。

キンチョー お肌の虫よけ プレシャワー30EX

先ほどディートの年齢制限をお伝えしましたが、こちらはディートの濃度が濃いので12歳未満の子供は使ってはいけないと注意書きがあります。

マダニとツツガムシに効く虫よけを選ぶときどの虫よけが良いのか?
ツツガムシに効く効かないはありますが、
効果ももちろんですが年齢、用途によって使い分けをおすすめします。

そして刺されてしまったら。速やかにマダニを除去する必要があります。
マダニにかまれたら症状は?取り方って毛抜きで良いの?
で詳しくお伝えしていますが、私は念のため山登りやキャンプには必ずマダニ取りを持って行っています。
私が使っているのはこちらです。
(マダニがついていたことはありますが、幸いまだ実践はしていません)

無くなるのが心配なくらい小さくすごく軽いものなので、ぜひ救急道具の仲間に入れてあげてください。

また、ダニは刺されたことを自覚して無いことが多いそうです。
刺された箇所は、かさぶたが出来上がり周りが赤く腫れるそうなのですが
刺されたのかどうか分からなくてアウトドアに出かけた後に高熱、頭痛、倦怠感、発疹などの症状が出たら、念のために受診する事をおすすめします。

まとめ

リッチケア症はまだあまり日本ではなじみのない言葉かもしれません。
マダニに刺されるとリッチケア症だけでなく、ライム病や重症熱性血小板減少症候群(SFTS)に感染してしまうことが有ります。

アウトドアで楽しく遊ぶためにも、準備をしっかりしていきましょう!

スポンサードリンク


関連記事とスポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP