あなたの山の日焼け対策をチェック!飲む日焼け止めを使い楽しい登山

あなたの山の日焼け対策をチェック!飲む日焼け止めを使い楽しい登山

山登りは高所だから日焼けが心配です。 標高が1,000m高くなると 平地より紫外線は約10%増加すると言われています。 夏の登山では標高2,000m~3,000 […]

これでももう迷わない!登山初心者のためのステップアップ計画

これでももう迷わない!登山初心者のためのステップアップ計画

スポンサードリンク 当ブログも100記事以上になり かなりたくさんの方に見てもらえるようになりました。 見返してみると 登山を始めたい方、初心者の方への 記事も […]

富士山の山小屋の布団で快適に寝る方法!山小屋のいびき対策

富士山の山小屋の布団で快適に寝る方法!山小屋のいびき対策

スポンサードリンク 富士山に関してだけでなく、尾瀬、北アルプスなど 人気の山小屋ではよく聞く話です 1つの布団で何人寝たとか お布団が湿っていて・・・とか お布 […]

富士登山で空いてる時期はいつ?山小屋やルート選びで混雑を回避する

富士登山で空いてる時期はいつ?山小屋やルート選びで混雑を回避する

スポンサードリンク 昨年は富士登山のブームも 大分落ち着き見せてきました。 でも落ち着きと言っても、 やはり人気のルート、季節によっては 大混雑しちゃいます。 […]

後悔したくない!テント泊のザック容量のおすすめについて

後悔したくない!テント泊のザック容量のおすすめについて

スポンサードリンク もうすぐ夏の長期休暇の季節です。 それに合わせて今年はテントデビューという方も多いと思います。 テント泊を始めるにあたっては いろいろなもの […]

1から始めるファミリーキャンプ!テントの4人用のおすすめは?

今日の記事は、私のお友達に向けての備忘録を兼ねていますが、もし同じようにご家族でファミリーキャンプを始めてみたい!そんなご家族はぜひ参考にしてみて下さいね。

夏休みに体験したお友達とのキャンプ!
お子様すごく楽しそうでしたよね!?

ちょっとしたやる気があればキャンプは簡単に始められちゃいます。

おうちと同じメニューでも…ただ肉を焼いただけでも…
アウトドアで食べたら格別!

お父さんの活躍の場ですよ!

スポンサードリンク
 

キャンプテント4人用のおすすめは?

今回の想定は小学校低学年くらいの子供が1~2人いるご家庭で、年に1~2回キャンプに行こうという想定です。

夏休みにキャンプに行くという場面が多いと思いますが、ダッチオーブンで焼き芋をやったりと言う秋の夜長を楽しむキャンプもすごく面白いので、春から夏中心で秋までのキャンプを想定します。

まずはテント選びから見ていきましょう!

ちなみに最近多くの皆さんが持っているワンタッチテントはキャンプでは使えないので、泊りのキャンプの場合はそれなりのものを用意しましょう!

今回探しているのは、3人用~4人用でファミリーで使うという想定のテントです。

ファミリーキャンプにおすすめのテントメーカー「スノーピーク」

初めから格好良く、自慢できるくらい良いもので揃えたい!というお父さんいますよね???

ぜひ「スノーピーク」と言う日本のブランドが人気でおすすめです。
キャンプにはまっていくとスノーピークの良さと人気の高さを知ってくると思います。

スノーピークのキャンプテントでは
ランドブリース
アメニティードーム
と言う2つのシリーズが販売されています。

とにかく高スペック派には「ランドブリーズ4」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

即日発送!【スノーピーク/snow peak】テント ランドブリーズ4 SD-6…
価格:75384円(税込、送料無料) (2017/8/3時点)

トータルでいろいろ買うかもしれないから入門機種でOK派は「アメニティードームM」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スノーピーク (snow peak) アメニティドームM SDE-001R 【S…
価格:35424円(税込、送料無料) (2017/8/3時点)

おそらくスノーピークで一番売れているテントはアメニティードームではないでしょうか?
アメニティードームは初めて販売された時から知っていますが、人気は依然高く年月が経っても飽きないテントですね!?

ただ、スノーピークのキャンプテントは、この人数あたりだと130cmくらいの高さしかありません。
子供と開放感あふれるテントで寝たい!と言うときには「コールマン」もおすすめです。!

ファミリーキャンプにおすすめのテントメーカー「コールマン」

コールマンで人気のタフドーム/3025

なんと高さが175cmあり快適です!

>>コールマンタフドーム/3025の一覧

そしてBCクロスドーム270

こちらも高さが175cmあります。

たまに1万円台で売られているのを見ますが、2万円を切ってこのスペックならば文句のつけようがありません。

タフドームとの一番の違いは換気の多さが大きな違いです。
夏のテントの中は暑いことが多いので、より換気口が欲しい場合にはタフドームがおすすめです。

高さは同じく175cmで、横幅はタフドームが300×250に対し、BCクロスドームが270×270若干小さくなっています。
また、使用されているポールはタフドームの方がアルミで軽量なのに耐久性のあるものが使われています。
テントやフライシート本体の素材は同じになります。

>>コールマンBCクロスドーム270一覧

ファミリーキャンプで目立ちたいなら「ビッグアグネス」

また、圧倒的な開放感と言う点と、人が持っていない目立つテントが好き!
と言う場合にはこんなテントはいかがでしょうか?

ビックアグネス
テンスリープステーション4

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ビッグアグネス BIG AGNES Tensleep Station 4 [テン…
価格:66960円(税込、送料無料) (2017/8/3時点)

4方に張り巡らされた大きなメッシュパネルと、解放的な広い間口と高さがあり居住空間が快適です。

ビッグアグネスは北米で高いシェアのメーカーです。
2001年に出来たブランドで、キャンプテントは最近日本に来たばかりなので、目立つこと間違いなしです。

先日このテントで寝る機会があったのですが、開放感が半端ないです。
そして寝ていて気分が良いですね!

テントを安く手に入れたいなら「キャンパーズコレクション」

いやいや、とにかく安いテントが良いんだよ!
年に1回しか使わないからし、メインはバーベキューや外遊び、テントは寝るだけの場所だよ!

なんてときはこの辺りのテントはいかがでしょうか?

ただ、これ現物を見たことないのであくまでレビューからの判断です。

10回くらい使って問題ないです。
と言うレビューもあるので、10回使ったら1回1000円ちょっとの換算。
割り切って使うならすごく良いかもしれませんね。

ただ逆に1回目で切れたというレビューもあります。
総合4.4と言う評価なのでよほどのことが無ければ大丈夫かと思いますが…

ファミリーキャンプのテントの付属品で必要な物は?

キャンプテントで敷物は専用が良いの?

テントにはスタートパッケージと言って、テントの下と中に敷くマットが用意されていることが多いです。(別売の場合もあり)

下に敷くものをグランドシート、中に敷くものをインナーシートと言います。

それも必要か?
という話なのですが、これは話を聞いた販売員の方によるかもしれません。

ちなみに私は専用は使っていません。

インナーテントですがもちろん専用なら形もちょうど良くできているのですが、家にちょうどコストコのレジャーシートがあるのでそれを必要枚数使ったりしています。

適度にクッションもあってキャンプにもおすすめですよ!
うちは近所にコストコがあるので、かなりの人数が持っていて運動会などではこのレジャーシートだらけになります。

コストコが近くにない方、こちらでも購入できますね。

グランドシートですが、テントを汚したくないという場合はテント専用の物をおすすめします。

私はグランドシートに何しては特には使っていません。
もし、テントのボトムがブルーシートみたいな素材の場合は、防水力を高める意味でもあってもいいかもしれません。

でも、それなりの金額がするテントでしたら、そのまま敷いても大丈夫!
と言うのが個人的な意見です。

それこそ、大きさの近いもしくは切って大きさを合わせたブルーシートでもいいかな?
なんて思います。

ファミリーキャンプにおすすめのペグ

どのテントも出来たらそのうちペグを交換する事になると思います。

特にコールマンやビッグアグネス、キャンパーズコレクション、この辺りのペグはすぐに使いも物にならなくなるし初めから固いところなら土に入っていかないかもしれません。

なので、ぜひこのペグを試してみてください。

そしてハンマーももちろんセットで買い替えないと、ペグ打ち出来ません。

スノーピークもソリッドステイクと言うペグが別売されています。
付属はジュラルミンペグなのでプラスチックやアルミペグよりはしっかりと使えます。
でも、硬いところにガンガン打ち込みたいときなどは買い替えたほうが効率的なことが多いですよ!

さいごに

キャンプを始めるのにはまずはテント選びと言う場合が多いかと思います。
上を見るとキリがなく、迷っててなかなか決められないかもしれません。

テントはそれなりにしておいて、キャンプの回数を増やすというのもいいと思います。
また、ちょっと良い肉でバーベキューも最高ですよ!

スポンサードリンク


関連記事とスポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

ワンタッチテントはキャンプに使えるの使えないの?
テント泊にグランドシートは必要か?おすすめはどれ?
大人気ニンジャタープ春の入荷あり!ついにニンジャネストもデビュー
トレックライズテントにアンダーシートは必要か?
カミナドームテントはどんなペグ?重量や強度はどう?
山岳テントの選び方の重さについての小話
後悔したくない!テント泊のザック容量のおすすめについて
登山のツェルトの選び方!実体験より行き着いたのはこれだった!
テントのシームテープが劣化でヤバイ…保管の仕方はどうする?
ニンジャタープの発売が5月中旬になる模様
後悔しないために、登山テントの保管方法や保管場所について
山の日キャンペーンでテラノヴァテントを買ってタープがタダでもらえる
テント泊の注意点!特にレンタルテントの人は要注意です

Menu

HOME

TOP