あなたの山の日焼け対策をチェック!飲む日焼け止めを使い楽しい登山

あなたの山の日焼け対策をチェック!飲む日焼け止めを使い楽しい登山

山登りは高所だから日焼けが心配です。 標高が1,000m高くなると 平地より紫外線は約10%増加すると言われています。 夏の登山では標高2,000m~3,000 […]

これでももう迷わない!登山初心者のためのステップアップ計画

これでももう迷わない!登山初心者のためのステップアップ計画

スポンサードリンク 当ブログも100記事以上になり かなりたくさんの方に見てもらえるようになりました。 見返してみると 登山を始めたい方、初心者の方への 記事も […]

アウトドア好きの私が欲しい父の日のプレゼント3選!

アウトドア好きの私が欲しい父の日のプレゼント3選!

スポンサードリンク 「アウトドア好きの私が欲しい父の日のプレゼント3選」 という題名にしてしまったので 3つしか紹介出来ないのが残念です。 この記事を家族が見て […]

後悔したくない!テント泊のザック容量のおすすめについて

後悔したくない!テント泊のザック容量のおすすめについて

スポンサードリンク もうすぐ夏の長期休暇の季節です。 それに合わせて今年はテントデビューという方も多いと思います。 テント泊を始めるにあたっては いろいろなもの […]

春に買いたい!オフィスでもかわいいアウトドア水筒

春に買いたい!オフィスでもかわいいアウトドア水筒

春が意識されるとお店には 色とりどりの水筒が並び見ているだけでも心がウキウキしますね! スポンサードリンク 職場や部署が変わり心と一緒に 水筒も一緒に新しくしよ […]

テント泊にグランドシートは必要か?おすすめはどれ?

072048
今回は登山におけるテント泊の問題です。

皆さんグランドシートって使ってますか?
人によってなので正解はないのですが…

参考になればということで私の使い方と
選んだ理由の紹介です!

記事の末に最近発売されたグランドシートの情報を記載しました。
あわせてチェックして下さい!

スポンサードリンク

登山のテント泊でグラウンドシートは必要か?

むずかしい問題ですね!?

先に私はどうか?で言うと

使っていません!

その代りにテントの中に防水&断熱の薄いシートを敷いています。
一部のメーカーではインナーシートというものも売っていますね?
そんな感覚です。

どれを使っているかというと

SOLのスポーツユーティリティブランケット
という商品です。

大きさが210cm×150cmで
2~3人用のテント
横幅130cmなら横でちょっと立ち上げる
(アライ エアライズ2、モンベルステラリッジ2など)
横幅150cmならちょうどいい
(アライ トレックライズ2など)
いったサイズです。

重さは320gです。

よくこれと比較されるのは
MPIのオールウェザーブランケット

大きさ 213×152cm
重さ 350g
です。

なんとこの素材NASAが開発した
実はすごいシートらしいです。

スポンサードリンク

昔はこれMPIのオールウェザーブランケットを使っていました。
今はレジャーシートになっています…

フリマのときなど炎天下でも
アスファルトからの熱が上がってこなくて重宝しますよー

なぜグランドシートを使わないのか?

題名が
なぜグランドシートを使わないのか?
ですが
逆を読めば
なぜグランドシートを使うのか?
とも取れると思うので参考にしてみてください。

大きな理由

グランドシートとテントのボトムシートの間に水が入り込むのが嫌だ
⇒大きさをきちんとしてちゃんとフライシートを
 張れば大丈夫じゃん?

と言われますが、土砂降りの中で張ったことありますか?

どうやっても水が間に入ります。

⇒だったら、とりあえず張って、防水はテントの中ですればいいじゃん!

一番の理由は本当にこれですね。
というかメーカーから出ているグランドシートって
防水力高くないですよね?
上に挙げた2つのほうが防水力なら全然高いと思いますよ。

こんな時はどうするの?

穴が開いたらどうするの?
⇒リペアテープで直せばOK!?

でもテントをほんとに大事にしたい方は敷いてもいいかもしれませんね?
私は山の道具はリペアしながら使う派なのでこうしています。

そんなことが理由ですがグランドシートって結構高いんですね!?
¥1,000くらいしか差はないけれど
上2つのシートのほうが安いですね?
⇒いろいろ理由付けましたがこれも大事な理由ですね。

だって防水力高いのに純正より安いんですよ!

グランドシートではできない使い方

実はもう一つ理由があるんですが

SOLのスポーツユーティリティブランケット
MPIのオールウェザーブランケット

これってすごく断熱性能が高いんですよね!

テント内での下からの冷気を防ぐのは当たり前なんですが
もし不意のビバークを強いられたとき
テントが張れなかったらどうしましょ?

それか連れが遭難したら?
その仲間にこのシートを持っていてもらえば
もしかして遭難時に使えますよね?

というようにグランドシートとしてだけでなく
非常時のサバイバルシート(エマージェンシーシート)
のように使えるという点も私がこれを使う理由の一つです。

まとめ

今回紹介したのはあくまで私の使い方であって
正解ではありません。

参考になる方は参考にしてみてくださいね。

新しいグランドシートの情報です! 
かなり使えるものが出ました。 
トレックライズにアンダーシートは必要か? 

追記2016.4.13

スポンサードリンク


関連記事とスポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

登山のツェルトの選び方!実体験より行き着いたのはこれだった!
トレックライズテントにアンダーシートは必要か?
山の日キャンペーンでテラノヴァテントを買ってタープがタダでもらえる
テント泊の注意点!特にレンタルテントの人は要注意です
大人気ニンジャタープ春の入荷あり!ついにニンジャネストもデビュー
テントのシームテープが劣化でヤバイ…保管の仕方はどうする?
後悔しないために、登山テントの保管方法や保管場所について
ニンジャタープの発売が5月中旬になる模様
山岳テントの選び方の重さについての小話
後悔したくない!テント泊のザック容量のおすすめについて
カミナドームテントはどんなペグ?重量や強度はどう?

Menu

HOME

TOP