あなたの山の日焼け対策をチェック!飲む日焼け止めを使い楽しい登山

あなたの山の日焼け対策をチェック!飲む日焼け止めを使い楽しい登山

山登りは高所だから日焼けが心配です。 標高が1,000m高くなると 平地より紫外線は約10%増加すると言われています。 夏の登山では標高2,000m~3,000 […]

これでももう迷わない!登山初心者のためのステップアップ計画

これでももう迷わない!登山初心者のためのステップアップ計画

スポンサードリンク 当ブログも100記事以上になり かなりたくさんの方に見てもらえるようになりました。 見返してみると 登山を始めたい方、初心者の方への 記事も […]

富士山の山小屋の布団で快適に寝る方法!山小屋のいびき対策

富士山の山小屋の布団で快適に寝る方法!山小屋のいびき対策

スポンサードリンク 富士山に関してだけでなく、尾瀬、北アルプスなど 人気の山小屋ではよく聞く話です 1つの布団で何人寝たとか お布団が湿っていて・・・とか お布 […]

富士登山で空いてる時期はいつ?山小屋やルート選びで混雑を回避する

富士登山で空いてる時期はいつ?山小屋やルート選びで混雑を回避する

スポンサードリンク 昨年は富士登山のブームも 大分落ち着き見せてきました。 でも落ち着きと言っても、 やはり人気のルート、季節によっては 大混雑しちゃいます。 […]

後悔したくない!テント泊のザック容量のおすすめについて

後悔したくない!テント泊のザック容量のおすすめについて

スポンサードリンク もうすぐ夏の長期休暇の季節です。 それに合わせて今年はテントデビューという方も多いと思います。 テント泊を始めるにあたっては いろいろなもの […]

登山用ストックのお手入れ(メンテナンス)してますかー?

富士山や尾瀬など夏休みを利用して

遊んできた方が多いかと
思います。

あー疲れた!
って荷物を何にもしないで放っぽってませんか?

いやもう片付けたよー!

ホントに?
トレッキングポールはメンテナンスして片付けましたか?

スポンサードリンク

登山用ストックのお手入れ(メンテナンス)について

登山用のストックにもお手入れ(メンテナンス)が必要な事知っていましたか?

すごく簡単な事なので覚えておいてくださいね!

コレをしないと、最悪のときは次回から使い物にならなくなりますよ!
次回でなくても、ちゃんとメンテナンスすれば長く使えるストックも
みんなと同じように10年とか使えずに駄目になってしまうかも知れませんよ!

しっかりやっていれば何年も使えると思います。
2万円でストックを買ったって10年使えば
1年当たりたった¥2,000です。

ストックの普段のメンテナンス

使い終わったら抜いて、湿気を拭いて乾かすだけ!

2015-08-14 13.06.06

これだけですよー!

でもこれだけなのにこれをやるのとやら無いのでは全然違います。

よくあるストックのトラブル
「伸びなくなっちゃったー」
「動かなくなっちゃったー」

って言うものがすごく多いんです。

それの原因って
サビなどによる固着

アルミってサビるの???

錆びるんですよ。
鉄のように赤茶色にはならないけれど
腐食(錆びる)すると白い粉をふいたようになるんです。

そうなるとひどい時には、大人の男の力でも動きません・・・

スポンサードリンク

なので錆びさせないようにするのが
登山用のストックのお手入れです。

雨が降らなくても、高所の山では湿気が多いときがあります。
なので毎回抜いてから拭く
こんな癖をつければストックは長く使えると思いますよ。

登山ストックの修理について

その他に良くあるストックの話ですが、
シャフトが曲がって仕舞えなくなった場合は?

これはさすがに交換しか有りません・・・

「ストックの交換なの!?高いなー・・・」

でも心配ないですよ。
しっかりとした登山メーカーが販売しているモデルならば
その曲がったシャフトのみ好感出来ると思いますよ。

メーカーによって違いますが
¥2,000~¥5,000くらいが多いですね。

ちなみに交換の際は登山用品店に必ずストックも持っていってください。

ストックのパーツは年度よって違うことがあります。
モデル名が同じでも、さらにはカラーまで一緒でも
パーツが違って合わない場合があります。

販売しているスタッフだって余程の人でないと
絶対これっていえない場合が多いです。

最近ではメーカーも「現物を送ってください」って
言うことが多いですねー。

昔はストックなんて種類があまり無かったのでそんなこと無かったんですが、
登山ブームにもなったし、多くのメーカーがOEMで発売してきたり
と、ストックの種類も多くなりました。

すると大手のメーカーもあぐらをかいていたら売れないので
NEWモデル、NEWシステムを発売してきます。

するとパーツの互換性がなくなっちゃったりするんです。

違うシャフトを入れて
「5cm長くなっちゃったよ!まーいっか」
という人は全然問題ないのですが、大概はしっかり直したいですよね?

そうならないためのお手入れだったり、メンテナンスなのですが
もし錆びちゃったなんてときは交換できるって覚えておいてくださいね!

まとめ

ストックは登山用品の中でも、もしかして1番トラブルが多い
アイテムかもしれません。

ご自分の道具は自分で特性を覚えて、自分でどうにかできるように

そうなっているといざって場合に安心ですよ!

スポンサードリンク


関連記事とスポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP