あなたの山の日焼け対策をチェック!飲む日焼け止めを使い楽しい登山

あなたの山の日焼け対策をチェック!飲む日焼け止めを使い楽しい登山

山登りは高所だから日焼けが心配です。 標高が1,000m高くなると 平地より紫外線は約10%増加すると言われています。 夏の登山では標高2,000m~3,000 […]

これでももう迷わない!登山初心者のためのステップアップ計画

これでももう迷わない!登山初心者のためのステップアップ計画

スポンサードリンク 当ブログも100記事以上になり かなりたくさんの方に見てもらえるようになりました。 見返してみると 登山を始めたい方、初心者の方への 記事も […]

富士山の山小屋の布団で快適に寝る方法!山小屋のいびき対策

富士山の山小屋の布団で快適に寝る方法!山小屋のいびき対策

スポンサードリンク 富士山に関してだけでなく、尾瀬、北アルプスなど 人気の山小屋ではよく聞く話です 1つの布団で何人寝たとか お布団が湿っていて・・・とか お布 […]

富士登山で空いてる時期はいつ?山小屋やルート選びで混雑を回避する

富士登山で空いてる時期はいつ?山小屋やルート選びで混雑を回避する

スポンサードリンク 昨年は富士登山のブームも 大分落ち着き見せてきました。 でも落ち着きと言っても、 やはり人気のルート、季節によっては 大混雑しちゃいます。 […]

後悔したくない!テント泊のザック容量のおすすめについて

後悔したくない!テント泊のザック容量のおすすめについて

スポンサードリンク もうすぐ夏の長期休暇の季節です。 それに合わせて今年はテントデビューという方も多いと思います。 テント泊を始めるにあたっては いろいろなもの […]

登山ストックの長さの調整、固定の方法、止まらないときの直し方!

064443

こんにちは!
昨日に引き続き登山用のストックについてです。

ネジ式(回すタイプ)のストックで

・長さ調整のとき止まらなくなったり
・使い終わった後、しまえなくなったり・・・

ユルユルだったり、ビクともしない
そんなこと有りませんか?

構造を知っているとそんなトラブルなくなりますよ!

スポンサードリンク

登山ストックの長さの調整の方法

まだストックが動く人は確認して欲しいのですが
段継ぎになっているストックを抜いてばらすと
プラスチックのパーツが付いてませんか?

2015-08-15 16.04.22

写真でいうと上の赤いパーツですね!

ストックの棒(シャフト)が固定されるのって
シャフト内でこのプラスチックが大きくなって(広がって)
つっかえになるんです。

逆にストックの長さを調整するとき
つまりシャフトを動かすときは
プラスチックが通常の大きさに戻り、シャフトの
つっかえが無くなって動くんです。

このプラスチックがポイントです!

プラスチックのパーツを広げれば止まって
戻せば動く!

OKですか?

登山ストックを固定するときの方法

「いつも良く分からないけど回してたら止まったりするのよねー」

って、ほぼ偶然ですか・・・
しっかり構造を理解してくださいねー!

プラスチックを大きくすればOKですよー!

ストックのシャフトは節を挟んで必ず、太いほうと細いほうが有ります。
右利きなら、太いほうを左手で持って細いほうを右回ししてみてください。

スポンサードリンク

どうですか?止まりましたよね?
ストックのシャフト内では雄ネジ役の細いシャフトが
プラスチックパーツに入り込んで広げています。

と、うまく止まったら良いのですが
「いくら細いシャフトを右に回しても
全く止まりませーん!」

って人いないですか?

はーい!
はーい!

こんなに大勢ですか・・・

そうなんですよね、実は止まりませんってトラブルがすごく多いんです。
こういうことが無いのがレバー式のストックの良いところなんですが
また大半の方はネジ式を使っていると思います。

なのでその解決方法を教えちゃいますね


↑レバー式のストックです。使っている人増えていますね!
バックカントリーでは使用率No,1です。

登山ストックが止まらないときの直し方

「いくら回しても止まらないよー(泣)」

そんなときはどうするか!?

プラスチックを大きくすればOKですよー!

さっき言ったじゃん、大きくならないから困っているのよ!!!(怒)

お怒りなのでさっさと伝授しますね。

えーと、プラスチックを大きくする方法は分かりましたよね?

それで、細いシャフトを右に回したのに止まらないんですよね?

それは、シャフト内でプラスチックパーツとシャフトのネジが
噛んでいないんです。
要は中で空転しているんです。

そんなときは一度シャフトを抜いて
空転しているので左手の指でプラスチックを固定して
シャフトを右手で軽く回してネジを噛ましてください。

あまり回したら広がりすぎて入らなくなるから
噛めばOKですよ。

それでシャフト内に戻してみてください。

ねっ?止まったでしょ???

まとめ

登山の道具って専門的に見えるのか
難しい!って思い込んでいる方が多いですよね?

アイゼンの付け方とかも。

でも自分で出来ないとトラブルのときに困っちゃいますよね?

このサイトではいろいろな例をゆっくり解説していくので
楽しみにしていてくださいね!

スポンサードリンク


関連記事とスポンサードリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP