あなたの山の日焼け対策をチェック!飲む日焼け止めを使い楽しい登山

あなたの山の日焼け対策をチェック!飲む日焼け止めを使い楽しい登山

山登りは高所だから日焼けが心配です。 標高が1,000m高くなると 平地より紫外線は約10%増加すると言われています。 夏の登山では標高2,000m~3,000 […]

これでももう迷わない!登山初心者のためのステップアップ計画

これでももう迷わない!登山初心者のためのステップアップ計画

スポンサードリンク 当ブログも100記事以上になり かなりたくさんの方に見てもらえるようになりました。 見返してみると 登山を始めたい方、初心者の方への 記事も […]

富士山の山小屋の布団で快適に寝る方法!山小屋のいびき対策

富士山の山小屋の布団で快適に寝る方法!山小屋のいびき対策

スポンサードリンク 富士山に関してだけでなく、尾瀬、北アルプスなど 人気の山小屋ではよく聞く話です 1つの布団で何人寝たとか お布団が湿っていて・・・とか お布 […]

富士登山で空いてる時期はいつ?山小屋やルート選びで混雑を回避する

富士登山で空いてる時期はいつ?山小屋やルート選びで混雑を回避する

スポンサードリンク 昨年は富士登山のブームも 大分落ち着き見せてきました。 でも落ち着きと言っても、 やはり人気のルート、季節によっては 大混雑しちゃいます。 […]

後悔したくない!テント泊のザック容量のおすすめについて

後悔したくない!テント泊のザック容量のおすすめについて

スポンサードリンク もうすぐ夏の長期休暇の季節です。 それに合わせて今年はテントデビューという方も多いと思います。 テント泊を始めるにあたっては いろいろなもの […]

登山靴の大きい小さい場合のサイズ失敗の対処法!選び方のおすすめ

2015-08-17 15.33.28
登山を長くやっている人だと、登山靴を選ぶとき
サイズがぴったりなのか大きいのか、小さいのか?

感覚的に分かるのですが、まだ登山を始めたばかりだったり、
そうでなくても難しい登山靴選びなので
失敗しちゃったって時ありますよね?

そんなときにどうするか?
の対処法についてです。

スポンサードリンク

登山靴の大きい場合のサイズ失敗の対処法!

登山靴は大きくても、小さくても問題があるのですが
大きい場合はどうしましょう?

大きすぎる場合の弊害って

・かかとがズボッと抜けてしまって歩きにくい
・その際、かかとが擦れて水ぶくれ⇒皮膚がめくれる⇒歩けない
 つまり靴ずれ状態
・靴の中で足が必要以上にずれて危険

と良い事有りません。

中にはブカブカが好きだと言う変わった方がいるのも事実です・・・
でも大半の方は大きいと困りますよね?

ということで大きい場合の対処ですが

登山靴が大きい場合の対処
・靴下を2重にする
・靴下を暑いものに換える
・インソールを換える

単純ですが靴下で大丈夫な事もあります。
これは空間を埋めることによる解消方法です。

インソールを換えるですが、これはこちらに詳しく解説しました。
登山インソールの効果は?山登りのおすすめは!
よろしければ読んでみてください。

インソールは本来、大きすぎる靴のためのものではなく
足の健康、機能、などをサポートや矯正するものなのですが
これを入れることにより空間が埋まったり
靴が大きくても足が前に出なくなったりもします。

なので大きすぎる靴をどうにかしようとインソールを入れたら
副産物として
「なんか歩きやすいぞ」
なんて事もあるかもしれませんね!?

逆にぴたっとした靴には入れたくても
インソールが入れられないなんて事もあります。

登山靴の小さい場合のサイズ失敗の対処法!

では逆に登山靴が小さい場合はどうしたらよいの?

これはちょっと困った問題です・・・
小さいのにも2種類あって

・横方向が小さいつまり狭いのか
・縦方向が小さいのか

どちらかによって対処が変わると言うか
対処が不可能な場合もあります。

スポンサードリンク

まず横方向が小さい場合

登山靴が小さい場合の対処)横幅
・きついのが多少ならば履いているうちに
 伸びてちょうど良くなります。
・伸びるまで履くのもつらい場合は購入店に行ってください
⇒専門の伸ばす機械を持っている場合があります。

大きな専門店などでは万力のような、広げて横方向に圧をかけ続ける
機械を持っているところもあります。

ネットなどで購入してしまった・・・
なんて方も電話できいてみてください。

良心的なお店だと、有料ですが持込でも対応してくれるところ有りますよ!

次に縦方向が小さい場合
⇒買い替えをおすすめします

残念ですが・・・
一部のカテゴリーの靴を除いて、
登山靴の選び方は基本的には少し大き目を選びます。

一部のカテゴリーというのは
クライミングとか、クライミングとアプローチのミックスの登山とか

要は、靴と足がピタッってして欲しいシーンに使う靴です。
でも逆に
登山では、疲れたりすると足は膨張しますし、
くだりでは足が前にずれて爪を傷めたり内出血したり

ある程度の余裕がないと足(爪)を傷める原因になるので
多少大きめを選ぶのが普通です。

1cm大きくても問題ないくらいです。

なので小さすぎる登山靴の場合は
ちょっと言いにくいのですが
買い替えをおすすめします・・・

登山靴の選び方のおすすめ

登山靴はと言うより、昔から

「靴を買うのは夕方」

と言われます。
あれって正しいと思います。
疲れてきてアーチの下がった足、膨張した足
そんな状態は山では当たり前の足です。

なので夕方がおすすめです。
あと、忘れがちなのが靴下です。

靴と靴下を同時に購入予定ならば
先に靴下を買って下さい。

そしてそれを履いて靴を選びましょう。

失敗しないためにも、
靴を買うときには
必ず履く予定の靴下も持参したほうがいいです。

そうすれば大きすぎる靴、小さすぎる靴を
買ってしまうことは防げますよね?

もしくは先に靴を決めてしまった場合は?
試で履いた靴下と同じものがおすすめです。

だから専門店では試履きの靴下を用意しているんですねー(笑)

同じものが売ってなかったら?
店員さんに聞いて同じ厚みのものを選びましょう!

まとめ

靴選びって本当に難しいですよね!?
そんな私も何足か失敗して友人にあげたりしています。

Gore-Tex(ゴアテックス)のトレランシューズなどで失敗しました。
まさにぴたっとさせたいと思い、小さ目を買ってしまった例です・・・

こうならないように参考にしていただけたらうれしいです。

スポンサードリンク


関連記事とスポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP