あなたの山の日焼け対策をチェック!飲む日焼け止めを使い楽しい登山

あなたの山の日焼け対策をチェック!飲む日焼け止めを使い楽しい登山

山登りは高所だから日焼けが心配です。 標高が1,000m高くなると 平地より紫外線は約10%増加すると言われています。 夏の登山では標高2,000m~3,000 […]

これでももう迷わない!登山初心者のためのステップアップ計画

これでももう迷わない!登山初心者のためのステップアップ計画

スポンサードリンク 当ブログも100記事以上になり かなりたくさんの方に見てもらえるようになりました。 見返してみると 登山を始めたい方、初心者の方への 記事も […]

富士山の山小屋の布団で快適に寝る方法!山小屋のいびき対策

富士山の山小屋の布団で快適に寝る方法!山小屋のいびき対策

スポンサードリンク 富士山に関してだけでなく、尾瀬、北アルプスなど 人気の山小屋ではよく聞く話です 1つの布団で何人寝たとか お布団が湿っていて・・・とか お布 […]

富士登山で空いてる時期はいつ?山小屋やルート選びで混雑を回避する

富士登山で空いてる時期はいつ?山小屋やルート選びで混雑を回避する

スポンサードリンク 昨年は富士登山のブームも 大分落ち着き見せてきました。 でも落ち着きと言っても、 やはり人気のルート、季節によっては 大混雑しちゃいます。 […]

後悔したくない!テント泊のザック容量のおすすめについて

後悔したくない!テント泊のザック容量のおすすめについて

スポンサードリンク もうすぐ夏の長期休暇の季節です。 それに合わせて今年はテントデビューという方も多いと思います。 テント泊を始めるにあたっては いろいろなもの […]

登山テントのライトは何がおすすめ?結局行き着いたのはコレだった!

そろそろGWを通り越して
夏山の登山計画なんて気の早い方もいると思います。

そこで今日は登山におけるキャンプのときの話です。

テントの中のライトってどうしていますか?
なかなか良いライトが見つからなくて困りませんか?

そこで今日は私が使っている
おすすめのライトを紹介しますね!

スポンサードリンク
 

登山テントのライトは何がおすすめ?

今日はヘッドライトではなくて
テントのなかで使うライト

つまりランタンの話です。

一昔前だと、キャンプのランタンは
ガスランタンが主流でした。

でも実はかなりいろいろな不便もあったんです。

マントルと呼ばれる発光体は崩れるから
予備を持っていくし、
ちゃんとパッキングしてなかったら
ホヤと呼ばれるガラスの囲いが割れてしまったり

ガラスのホヤで割れてしまうから
メッシュのホヤにすると
結構暗いし、、、

なんと言っても、基本的には一酸化酸素中毒の危険性で
テント内で使用でき無い
と言うのもやっぱり不便な点でした。

確かにガスランタンにはガスの
いいところがあるんですけど。

そして最近ではLEDライトが
当たり前になってきました。

LEDのランタンならばテントの中でも
安心して明かりをつけることが出来ます。

そして扱いもスイッチを押せば光る
と言う単純明快さも好まれている理由です。

そんなランタンですが
登山になるとどんな条件が必要でしょうか?

ちょっと考えてみました。

明るい
→当たり前ですね!?

軽い
→やっぱり登山ですから軽量なのが良いです。

最低限の機能としては大体こんなところでしょうか?

ただ使ってみると
明るいと言うのも考えなくてはいけません。

これただ明るければいいかというとそうじゃなくて
適度に明るい
と言うのがいいですね!

明るすぎると
1人用、2人用テントなどの狭い空間では目が痛いんです。

なので明るすぎるのも困ります。

刺さるような光を緩和するホヤというか
覆い(カバー)が付いているものがいいですね。

実は私、ライトが好きなので
いろいろ使ってきました。

マグライト、ジェントス、プリムス、UCO、、、

その中で今のところ一番と思うものを
紹介しますね。

スプラッシュライトです。


メーカー名は今のところUSTとなっていますが
かなりころころ変わります。

と言うかOEMでも作っているので
いろいろなメーカー名のものが存在します。

以前はe-gearって名前でも出ていました。

スポンサードリンク

もし他の名前でも安心してください。
中身は一緒です。
(パチ物でなければ)

まず、何でこれがおすすめなのか
と言う点です。

使用電池はなんと単4電池1本 
重さはたった28gなんです。
大きさはめちゃめちゃコンパクトで75×23 mm
連続点灯時間 11時間

そして肝心な明るさは25ルーメン

???

ちょっとハテナが浮かんじゃいました?

だって25ルーメンなんて暗い!
と思いますよね?

ヘッドライトなんて100ルーメンが今や普通ですもんね。

でもこのランタン
25ルーメンとは思えない明るさなんです。

ほんとかよ!
って思いますよね?

確かに明るさの満足度は個人によって違います。

でも参考になるか分かりませんが
私の周りでこれを使っている人が20人くらいいるのですが
みんなこれで十分!
って気に入って使ってます。

ちなみに大きさの参考までに
これが手と比べたところです。

2016-04-24 13.49.25
私の手の大きさは成人男性としては
ちょっと小さいくらいです。

また、おすすめの理由のもう一つが
明かりの輪のできかたです。

テントに吊るすときにそれが分かります。

他のライトもそうですが
逆さにするとテント内のダウンライトとして
使えますよと言うもの有りますよね?

コレもそのように使えます。

でもやると分かるのですが
ランタンによってはホヤの縁などが邪魔して光にムラが出来ます。

ホヤやカバーを取り外して吊るします
なんてものは大体まぶしすぎます。

でもこのライトはすごくちょうど良い明るさだし
光の広がりが自然なんです。

写真を見ると分かりますよね?

カバーは縁などないし、スリガラスのような
加工がされてます。

このカバーが絶妙なんですね。

こんなべた褒めするライトなのに
値段は2千円台!

確かに外見は100均ライトと変わらないかもしれませんね、
5000円とかだったら誰も買いませんね。

もし気に入らなかったら防災用のライトとしても
使えるので良いですよ。

単4電池1本で使えるというところが良いですね。

災害時はなかかな電池が手に入りませんから
電池の多いものはあまり使いたくありません。

100均のハンディーライトなんて
単4×4本だったり、なかなか手に入らない
ボタン電池だったりします。

さいごに

ヘッドランプあるから大丈夫でしょ?
って思いますよね。

でもヘッドライトだと
頭につけるから見たい方向を向きます。

確かにそれだけを取る時はいいです。
でも普段の部屋を想像してください。

懐中電灯だけじゃ生活できないですよね?
やっぱり全体を照らしてくれるものが便利です。

でも、山という荷物を最小限にしたい場所です。
なかなかいいものにめぐり合うのも難しいです。

なので何年ものわたりライトを試して
そして行き着いたランタンを紹介させていただきました。

良かったら参考にしていただけたらうれしいです!

スポンサードリンク


関連記事とスポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

一瞬で完了!ガラスに付いた蝋の落とし方
キャンプの時に虫がランタンに来るんだけど対策はあるの?
ヘッドライト充電式USBタイプでこんなのもあります
登山でのヘッドランプの選び方!日帰りやテント泊の目的別に紹介
防災時のライトのおすすめは?ヘッドライトの電池入れっぱなし!?
USB充電が可能なヘッドランプってどうなの?
REIのカタログが出てきた!昔の良き時代(笑)
ジェントスのLEDランタンSOL-036Cの比較レビューをご紹介
防災には防水のランタンLEDタイプがおすすめ ソーラー充電の凄い奴!
災害用のledライトとしてもおすすめの日本製のマイルストーン
ブラックダイヤモンドヘッドライトそっくりさんSunix
LE(Lighting EVER)1000LUMENのレビューとEX-777XPとの比較

Menu

HOME

TOP