あなたの山の日焼け対策をチェック!飲む日焼け止めを使い楽しい登山

あなたの山の日焼け対策をチェック!飲む日焼け止めを使い楽しい登山

山登りは高所だから日焼けが心配です。 標高が1,000m高くなると 平地より紫外線は約10%増加すると言われています。 夏の登山では標高2,000m~3,000 […]

これでももう迷わない!登山初心者のためのステップアップ計画

これでももう迷わない!登山初心者のためのステップアップ計画

スポンサードリンク 当ブログも100記事以上になり かなりたくさんの方に見てもらえるようになりました。 見返してみると 登山を始めたい方、初心者の方への 記事も […]

アウトドア好きの私が欲しい父の日のプレゼント3選!

アウトドア好きの私が欲しい父の日のプレゼント3選!

スポンサードリンク 「アウトドア好きの私が欲しい父の日のプレゼント3選」 という題名にしてしまったので 3つしか紹介出来ないのが残念です。 この記事を家族が見て […]

後悔したくない!テント泊のザック容量のおすすめについて

後悔したくない!テント泊のザック容量のおすすめについて

スポンサードリンク もうすぐ夏の長期休暇の季節です。 それに合わせて今年はテントデビューという方も多いと思います。 テント泊を始めるにあたっては いろいろなもの […]

春に買いたい!オフィスでもかわいいアウトドア水筒

春に買いたい!オフィスでもかわいいアウトドア水筒

春が意識されるとお店には 色とりどりの水筒が並び見ているだけでも心がウキウキしますね! スポンサードリンク 職場や部署が変わり心と一緒に 水筒も一緒に新しくしよ […]

速乾性ウェアを着ていれば安心なの 汗冷えを解消するには?

今や速乾性ウェアといえば
一般的に通じる言葉になって来ましたね。

ユニクロなどどこでも手に入るようになったのが
その理由だと思います。

山では綿製品はダメだよー
って聞いたことがあると思いますが
じゃあ綿じゃなくて速乾性なら絶対大丈夫なの?
という話です。

スポンサードリンク

速乾性ウェアを着ていれば安心なの 汗冷えを解消するには?

結論から言うと、速乾性ウェアでも寒いときは寒い
と言うことです。

速乾て言っても瞬間乾くわけではないです。
そんな魔法のようなウェアはやっぱり有りません。

ただ綿よりはかなり早いので、
汗や雨で濡れて寒さで体力を消耗するという可能性はかなり低くなります。

なのでやはり綿はやめたほうがいいです。

ではその速乾性のウェアに勝るものってあるのでしょうか?

非常に気になりますよね?

山ではその気象条件、場所(標高)、季節
またはその方の汗の量によっても大分変わるので
こんなものも有るよと参考にしてみて下さい。

ドライレイヤー
と言う言葉を知っていますか?

ベースレイヤー、1stレイヤーなんて言葉は
聞いたことがあるかもしれません。

でもドライレイヤーははじめてかも知れませんよね?

これは日本のメーカーfinetrackというメーカーが
作った言葉です。


いわゆる、ベースレイヤーや1stレイヤーというのは
速乾性のTシャツやアンダーウェアだと思ってください。

そしてドライレイヤーというのはその
ベースレイヤーの下に着る薄いウェアになります。

なぜさらに下に1枚着るのか?

これは、肌に触れるウェアをドライに保つためです。
どういうことかと言うと、運動中汗をかきますよね?

その汗はドライレーヤーによって、速乾性のベースレーヤーに
移動します。

ドライレイヤーはほとんど保水しない素材で作られています。

つまり、どんどん汗は2番目の速乾ウェアに移動します。
なのでドライレイヤーに触れている肌はドライなんです。

スポンサードリンク

こんなことが出来るの?
と思っちゃいますが、今の技術ではそれが可能なんですね。

このドライレイヤーですが
一度着るとあの、ヒヤッとした嫌な瞬間がほとんど無いのでもう手放せません。

夏でも、冬でもいつでも一番下はドライレイヤーです。

ドライレイヤーの効果

そんなドライレイヤーですが
面白い使い方をしている人がいました。

当ブログでもおなじみのSKです。

なんと彼はドライレイヤーを
風邪をひいてしまって寝るときに着るそうです。

風邪をひくと、あったかくして汗を掻くようにして寝ますよね?
でも、熱の汗のせいでヒヤッとして逆に寝冷えみたいになることありませんか?

でも、このドライレイヤーを着て寝ると
肌はいつもドライだからヒヤッとしないから
風邪の治りが早いそうです。

わたしもその使い方を聞いたときには
なるほどなー
と思いました。

山だけで使うのはもったいないですから
そんな使い方もあるよー
と参考にしてもらえたらうれしいです。

あと知り合いの方なのですが
ドライレイヤーはジムにもおすすめだと言っていました。

ジムって運動しているときはいいですが
止まるとめちゃめちゃ寒かったりしませんか?

その方はそれが嫌でいろいろなウェアを試したそうです。

でもコレ!と言うのは見つからなかったそうですが
このドライレイヤーを着てみたら

今まで何を着ても寒かったのが
寒くなくなったそうです。

そりゃそうですよね?
2番目に汗を移しちゃうんですから。

とこんな風にいろいろな使い方の出来るドライレイヤーです。

登山やる方は是非試してみてくださいね!

さいごに

速乾は即乾くわけではない
と言いましたが、高級なブランドの登山ウェアなら大丈夫でしょ?

と思いますよね?

でもコレがパタゴニアでも、マムートでもアークテリクス
でも同じです。

即乾くものなんてあるわけ無いですよね?
なので、一番下に保水しにくいものを挟む、
そしてその素材は汗を一気に吸い上げて次に渡す
なのでファイントラックを着ると汗冷えしなくなるんです。

ちなみにドライレイヤーには
・スキンメッシュ
・アクティブスキン
・パワーメッシュ

の3タイプがあります。

一般的な山登りにはスキンメッシュがおすすめです。

アクティブスキンは、沢登りや冬のバックカントリーなど
水に蒸れやすい状況におすすめです。

パワーメッシュはアスリートの方におすすめです。

でも、まずはスキンメッシュから試してみるのが
いいと思います。

ぜひ、試していただいて冷えとはおさらばしてくださいね!

スポンサードリンク


関連記事とスポンサードリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP