あなたの山の日焼け対策をチェック!飲む日焼け止めを使い楽しい登山

あなたの山の日焼け対策をチェック!飲む日焼け止めを使い楽しい登山

山登りは高所だから日焼けが心配です。 標高が1,000m高くなると 平地より紫外線は約10%増加すると言われています。 夏の登山では標高2,000m~3,000 […]

これでももう迷わない!登山初心者のためのステップアップ計画

これでももう迷わない!登山初心者のためのステップアップ計画

スポンサードリンク 当ブログも100記事以上になり かなりたくさんの方に見てもらえるようになりました。 見返してみると 登山を始めたい方、初心者の方への 記事も […]

アウトドア好きの私が欲しい父の日のプレゼント3選!

アウトドア好きの私が欲しい父の日のプレゼント3選!

スポンサードリンク 「アウトドア好きの私が欲しい父の日のプレゼント3選」 という題名にしてしまったので 3つしか紹介出来ないのが残念です。 この記事を家族が見て […]

後悔したくない!テント泊のザック容量のおすすめについて

後悔したくない!テント泊のザック容量のおすすめについて

スポンサードリンク もうすぐ夏の長期休暇の季節です。 それに合わせて今年はテントデビューという方も多いと思います。 テント泊を始めるにあたっては いろいろなもの […]

春に買いたい!オフィスでもかわいいアウトドア水筒

春に買いたい!オフィスでもかわいいアウトドア水筒

春が意識されるとお店には 色とりどりの水筒が並び見ているだけでも心がウキウキしますね! スポンサードリンク 職場や部署が変わり心と一緒に 水筒も一緒に新しくしよ […]

GARMINのGPSの使い方!3ステップで山で迷わない方法

2016-05-18 18.40.12
GPSを持っていれば迷わない!

なんて思っていませんか?

私はやったことがりますよ!
冬の薬師岳から太郎小屋に下るところで、、、(泣)

GPSの使い方なんて適当に理解して、
というか全くわからず持って行ったんです。

いま、こうして生きているのですが(笑)
それ以来はGPSを使いこなして冬山でも迷わないで
遊んでます。

今日はその使い方を紹介します。

※紹介する方法で、山での安全を保障するものではありません。
こういう方法もあるのだと、ご自分の知識としてお使いくださいませ。

スポンサードリンク

GARMINのGPSの使い方!3ステップで山で迷わない方法

まず、GPSってナビしてくれるって思っている
人がすごく多いです。

勘違いしちゃいけないのが
車のナビとは別物です。

確かに今のGARMINのGPSに用意されている地図には
登山道が記載されています。

でも、そこ以外の道を歩くときなんかは
それって頼りになります?

なので、ぜひ今回紹介する方法を参考にしていただけたら
うれしいです。

特に高いお金を出したのにGPS使ってませーん。

なんて人はぜひ分厚いマニュアルが嫌なら
最低限これを参考にしていただけたら嬉しいです。

まず、これは地図にない道を歩く方
特に冬山、藪漕ぎ、バリエーションルート、低山
をする方には有効かと思います。

逆に一般ルートの場合は
地図上の登山道が一番参考になるかと思います。

また、古い地図で登山道が載っていない地図
をお使いのの方も使える方法です。

GARMINのBaseCampの使い方!

 

※私が説明に使ったのはパソコンがWindows7、GPSがOregon650TCJ2です。
お使いの環境によて若干操作が違うことがあることご了承ください。

 

まずパソコンにGPSをインストールすると
BaseCampというソフトが
インストールされます。

このソフトが何をするためのものかというと
いろいろ機能はあるのですが、
主な使い方は軌跡を作成したり
作った軌跡を転送したりするのに使います。

ではなんで軌跡を作るのか?
→それはもちろん迷わないためです。

というのは行ったことがない山で、地図に道がない場合どうします?
道を作っちゃえばいいじゃん。

ということです。

つまり、家で登山計画をしているとき
GPS上の地図に通る予定の道を描けば
現地ではあたかも来たことのある場所、
もしくは初めから道が書いてあるような感じで使えます。

まー最近は、GPSのデータをネット上で拾えるので
たとえ初めてでも、行きたいルートのデータが見つかれば
それを使ってください。

そういうのが見つからなかった場合に
今回の方法は有効になります。

では説明しますね。

1STEP BaseCampを起動する

1-1 デスクトップ上に作成されたBaseCampのアイコンをダブルクリックします。

1-2 初回はどういうシーンで使うか尋ねられます。登山を選択して下さい。
WS000053

 

閉じるをクリックします。

1-3 初期画面は以下のようになっていますが、先程「登山」を選択した場合は
赤丸の箇所が山のマークになっています。
もし違った場合はここで切り替えられます。

WS000054

2STEP BaseCampで軌跡を作成する
2-1 該当箇所(予定の山)を表示させる

有名な場所は検索で呼び出すことが出来ます。

赤丸のオプション検索を選択すると、右のほうに検索窓が出現しますので
『槍ヶ岳』などと行きたい山名を打ち込みます。

r
右のメニューに候補が数個でます。
該当のものがあれば選びますが、無ければ地図上から探します。

2-2 軌跡を作成する
足跡マークをクリックする

q

スポンサードリンク

地図上で左クリックすると作成開始です。

出発点に合わせて左クリックします

経由点で左クリックしながら予定ルートを線でつなぎます。

終点で右クリックをすると終了です。

a

細かく左クリックするほど、
直線でなく歩いた軌跡のように作れますが
場合によっていい具合に適当に作ってください。
 

今回の例だと赤丸に『トラック』という軌跡が保存されました。

2-3 トラックの名前を変更する

左に作成された『トラック』の上で右クリックして、
『名前を変更』を選び、好きな名前に変えます。
例えば「2015芳が平予定ルート」「2015富士山滑走予定」などが良いと思います。

今回の例では「テスト1」としました。

b

 

3STEP 作成した軌跡をGPSに転送する

作成した軌跡「テスト1」をGPSに転送する。
3-1 左に作成された『テスト1』の上で右クリックして『送信先』を選ぶ。

d

 

3-2 保存先を確認して『OK』をクリック

e

3-3 転送されたか確認

f
上の赤丸をクリックすると、下にずら~とGPSの内蔵メモリの内部が表示されます。
その中に今回の「テスト1」という軌跡が確認できます。(下の赤い丸)

4 おまけ

無事に転送が終わったので、BaseCampを閉じます。

モニター画面右下の三角をクリックして、USBマークをクリックします。

g

 

「Garmin Oregon 650TCJ2(F;)の取り出し」をクリックしてから
GPSを外して下さい。

 

h

以上で終了です。お疲れ様でした!

こうすることにより
GPS上に架空の道ができるので、
・この道であっているのかな?
・この分岐はどっちだったっけな?
・標高下げすぎたかな?

そんな風に迷いそうなポイントポイントで確認すれば
予定ルートから大きく外れることはないと思います。

実際に何にもルートがない場所で、ルートも作らず行くと
あんな小さな画面上では苦労することも多いです。

少しでも迷うリスクを減らす
というような使い方になります。

ただ、家で計画するときは
文献やレポートやネット上の情報でルートを作成しますよね?

その関係で実際の地形は崖があったり、雪で地形が変わってたりという
可能性もありますから目安ということは忘れないで下さい。

これは最近簡単に手に入る地図データを使うときも
同じことが言えます。

GARMINアドベンチャーやヤマレコから
データを引っ張るときの話です。

ほかの人のデータは、2度と同じ条件ではない
ということです。

もし、家に眠っているGPSがある方
GPSをどんどん触れば苦手意識がなくなります。

また、今後購入を考えている方
このくらいができればかなり安全に登山ができます。

今日紹介した方法は、手順に沿ってやってもらえば
すぐ覚えられると思います。

GPSを使って安全登山を楽しみましょう!

スポンサードリンク


関連記事とスポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP