かぐらスキー場に夏スキー登場!アクセスとおすすめの温泉について

ピスラボという人口スキーに使うマットを導入したかぐらスキー場では
今年よりサマースキーがオープンします。

雪不足で滑り足りなくてうずうずしている雪人さん
しっかりチェクして遊んで来て下さいね!

また、雪のない季節だからこそ
安心して峠を走れます。

温泉に入って汗を流すのはいかがですか?
おすすめの温泉も紹介します。

スポンサードリンク
 

かぐらスキー場に夏スキーゲレンデがオープン

昨シーズンの11月からかぐらに登場した
スノーマットですが
今年からサマーシーズンの営業が開始されます!

斜面にはコブも作られていて
オフシーズンのトレーニングには最高の環境です。

詳細は下記のとおりです。

営業期間 2016年 7/16(土) ~8/31(水)の毎日
        9/3(土) ~ 10/30(日) の 土・休日

営業時間 9:00 ~ 4:30

料金

1日券 平日

おとな ¥3,600
シニア ¥3,200
中・高校生 ¥2,800
こども ¥1,800

1日券 土・休日

おとな ¥4,200
シニア ¥3,800
中・高校生 ¥3,400
こども ¥2,100

午前券、午後券についてはこちらをご覧ください。

10/30までということは
例年11月の連休にはウィンターシーズンがオープンするので
かぐらスキー場はほぼ通年営業ということになりますね!

スキー、スノーボードファンには
とてもうれしいお知らせです。

スポンサードリンク

かぐらスキー場のアクセス

サマースキーが設置されているゲレンデはどこ?

かぐらスキー場は下部の2つのエリアと
そこからつながる上部のかぐらエリアから構成されるスキー場です。

住所: 〒949-6211 新潟県南魚沼郡湯沢町三俣742
電話:025-788-9221

今回サマースキーエリアが設置されているのは
みつまたエリアになります。

必ず駐車場からみつまたロープウェイに乗りますが
ロープウェイを降りてすぐがサマーゲレンデになります。

かぐらスキー場というとウィンターシーズンは
田代エリアも滑走できますが
夏はみつまたエリアになりますので注意してください。

かぐらスキー場みつまた駐車場へのアクセス

みつまたエリアの駐車場へは関越道の
月夜野ICから国道17号線経由で約1時間
湯沢IC経由で約20分

関東方面から行く場合、
冬場は峠越えを嫌って、関越トンネルを超えて
湯沢ICで降りる方も多いと思います。

でも夏場は雪もないですし、
月夜野ICで降りるのもありかなと思います。

かぐらスキー場周辺の温泉のおすすめ

かぐらスキー場の近くには何か所か温泉があります。

みつまたですと、街道の湯
田代ですと、二居温泉宿場の湯
湯沢方面に帰る途中に神立の湯
苗場に雪ささの湯

など多数あります。

でも、ぜひおすすめしたいのが
上杉謙信の出陣の門出を祝ったともいわれることでも有名な
猿ヶ京温泉です。

宿泊はもちろんですが日帰り入浴にも対応してくれている温泉が多く、
スキーで掻いた汗、散水で汚れた体を流して帰るのにおすすめです。

猿ヶ京温泉の宿を見てみる【楽天たびノート】

雪が無い季節だからこそ、安心して月夜野方面に帰れるので
是非立ち寄ってみてください。

さいごに

なんとかぐらにはサマースキー専用のシーズン券も
登場しました!

おとなで30,000ですが
ウィンターシーズン券を購入していた方は
27,000円だそうです。

1年じゅう滑ってレベルアップしちゃいましょう!

スポンサードリンク


関連記事とスポンサードリンク

コメント