1980円でこの高スペック!?コストコのスキーグローブのレビュー

先日買い物にコストコに行ってきたのですが
すっかりクリスマスモードでした!

そしてスポーツコーナーはスノー用品が
どんどん並んできていました!

そしてスキー用品は私ばかり買っているので
妻にもいい手袋が有ったので買ってあげました!

コストコのスキーグローブ侮れないです。
買ってきたので使用前のレビューをしたいと思います!

スポンサードリンク

コストコのスキーグローブのレビュー

今回買ってきたコストコの
大人用のスキーグローブですがデザインもなかなかGood!

妻も気に入ったようです。

2016-10-19-23-24-15

ピンクのワンポイントの線が
シンプルデザインの中に可愛く目立ってます。

メーカーはスキービンディングのメーカー
Tyrolia
です。

まーどこかのOEMと思われますが。

びっくりするのがその値段です。

なんと
1980円
でした!

おそらく年間で2回くらいしか使わないです。

そんなにしょっちゅう転ぶわけでもないし
ゴアテックス製品の高級なグローブは必要ありません。

でも、一応スキーグローブと言うスペックだと
やっぱり安くても5000円くらいはしますよね?

でも、価格は驚きの1980円

レンタルのような価格です!

ただ、1980円で値段相応じゃ困りますよね?(笑)

気になるそのスペックですが
日本語の説明はないので多少正確ではないのですが
使用前のレビューしたいと思います。

コストコのスキーグローブ防水性は?

縫い目のシームテープ処理はしていないようです。

また、ゴアテックスじゃないにせよ、
何か防水フィルムは使われているの?と気になる点ですが
防水フィルムは入っていないようです。

なので、防水性は表生地の撥水力に頼られています。
見た感じは撥水力は強そうな素材です。

コストコのスキーグローブ保温性能は?

グローブに小さなタグが付いています。

SENSATEC

と書いてあります。

調べのですがどうもヒットしません。
おそらくシンサレートのような中綿の名称かな?
と思われます。

スポンサードリンク

紙タグに
Dupont Sorona
とあるのですが
信頼のデュポン社の素材です。

デュポン社によると

ソロナ®EPの主な成分は、トウモロコシの糖から作られるBio-PDO™で、これはデュポンが特許を持つ発酵プロセスから製造されます。ソロナ®EPの熱的特性、および機械的強度はPET、PBTの中間にあり、よりPBTに近い性能が期待できます。
一般名称: ポリトリメチレンテレフタレート樹脂

用途分類: エンジニアリングプラスチック

引用 デュポン

このソロナを使った綿との記載がありあます。

と、いろいろ書いてありますが
信頼のデュポン社の素材を使っているし、
中綿はしっかり厚みがあるのでゲレンデスキーなら充分使えそうです!

また、バックカントリーの
スペア手袋としてザックに入れておくのも良いレベルです。

細かい点だと
手の甲にチャックがあります。

ここにはリフトのICチケットを入れられます

そして、手の出し入れ口には
ドローコードがついていて雪の侵入をしっかり防げます

そして海外のグローブにはよくついていますが
親指には鼻水拭きらしきものがついています。

手のひらには
親指、小指と平一部に滑り止めがついています。

2016-10-20-00-20-47

と、こんな感じで
正直1980円とは思えない高スペックです!

なかなか良い買い物をしました!
安く上がったのもちょっと嬉しいです!!!

その分ゲレ職で美味しい物でも食べようかと思います♪

さいごに

年間30日滑る!
そんな風に本気でなければ
コストコのスキーグローブは十分使えるスペックです!

バックカントリーを本気でやっている私でも
たまに行くゲレンデや、予備のグローブとしては
買ってもいいかな?と思えるスペックです。

ただ、グローブが沢山ありすぎるので
もう買えませんが…

以上、コストコのスキーグローブの使用前レビューでした。

スポンサードリンク


関連記事とスポンサードリンク

コメント