塗るだけじゃ逆効果?スキースノーボードワックスの塗り方のコツ伝授

スキー、スノーボードのワックスって
塗れば滑るって勘違いしてませんか?

塗ったら滑らない!
と、今までの常識を覆すようにもとれる表現ですが
ワックスの塗り方ひとつで滑走性がすごく変わってしまうので
はじめての方はもちろん、
「どういうこと?」
とハテナが浮かんだ方も是非確認の意味で読んでみてくださいね!

スポンサードリンク

スキースノーボードのワックスの塗り方は?

まずは
スキー、スノーボードのワックスって
塗れば滑るって勘違いしてませんか?

この部分を説明していきまね。

スキーはやはりワックスを塗ったほうが滑ります。
ただ、適当に塗ればいい訳ではないんです。

板の滑走面をよ~く見てみてください。
なんか小さな溝が見えませんか?

WS000362
溝にはいろいろなパターンがあるのですが
こんなようなのが見えると思います。

簡単い言うとこの溝を埋めてしまっては
せっかく塗ったワックスが効力を発揮してくれないんです…

よほどの乾雪なら別ですが
実はスキーで滑っていいると滑走面と雪の間の摩擦により
雪が融け水分が発生するそうなんです。
(滑っているので見たことはないのですが)

その水を排水させないと板はうまく滑らないんです。
水がべたぁ~とついていると滑走性が落ちてしまうんです。

ここで冒頭の
スキー、スノーボードのワックスって
塗れば滑るって勘違いしてませんか?

この言葉が関係してくるのですが、ワックスを塗ったら
溝に入った余計なワックスを掻き出してあげてください。

道具はこういうものを使います。

スキーのチューンナップメーカーが販売しているナイロンブラシです。

ストラクチャー内の余計なワックスは掻き出す!
これはいろいろなタイプのワックスがありますが共通して言えることです。

なので、いままでただワックスを塗っていた方はぜひ
ナイロンブラシの工程を加えてみて下さい。

かなり滑走性が違いますよ!

スポンサードリンク

ワックス別のワックスの工程説明

まず、手軽なスプレータイプからの説明です。

スキーのスプレーワックスのかけ方

こういうものです。
スキー場の売店でも売られていたりして
一番手軽なものですね。

手軽さ故、ただ塗っているだけという方も多いのですが、
滑走性を持続させたり、より性能を出す場合は
・コルク掛け
・ナイロンブラシ掛け
この2工程を加えてみて下さい。

1、まず板の滑走面をきれいにします。
2、スプレーワックスを塗ります
3、ワックスが乾いたらコルク掛けをします。
4、ナイロンブラシを掛けます

ポイント
1、滑走面のクリーナーにはリムバーというものが便利

3、力を入れて磨きます。輝きますよね?
 この時にコルクによる摩擦熱でワックスが浸透していきます。

必要なものは分かったけど探すのが面倒という方は
こういったものが便利です。

スキーのホットワックスのかけ方

次は本格的なホットワックスのかけ方です。

すごくわかり易い動画がありますのでご紹介します。

簡単に工程を説明すると
1、ワックスを塗る
2、スクレパーでワックスをはがす
3、ボアブラシでストラクチャー内のワックスを掻き出す
4、ナイロンブラシで滑走面を磨く
5、馬毛ブラシで滑走面を磨く
6、ファイバーテックスで磨く

というかなりの工程を踏んでいます。

ただ、さすがにここまでできないよーという方も多いかと思います。

なのでチューンアップに出して帰ってき来た板に
ホットワックスが塗られている状態でそのまま滑走する
という方も結構多かったりします。

でも、これ全然板は滑りません

滑らないどころか
雪質によっては雪がベタッとついてしまって
全く滑らなくなってしまうことがあるんです。
(経験者です…)

なので、上記のすべての工程でなくてもいいので
せめてスクレパーでワックスを剥がして
ナイロンブラシで磨いてみてください。

そうすれば最低限ストラクチャーは顔を出してくれます。

でも、家でワックスをはがすのってめんどくさいし、
家族が白い目で見てくるんですよね?(笑)

なので、そんな時は
チューンナップを頼むときにワックスを剝がすところまで依頼する
と良いですよ!

もちろん別料金にはなるでしょうが
かなりしっかりはがして磨いてくれるはずですから
ビックリするくらい板が滑ります!

でもこれを機に自分でちゃんとやるぞ!
という方もいますよね?

そんな時はこういうセットでも十分です。

さいごに

スキー、スノーボードのワックスって
塗れば滑るって勘違いしてませんか?

という意味はいかがでしたでしょうか?
ご理解いただけましたか?

塗るだけじゃなく、はがす、掻き出すというのが
ポイントだったんです。

過去に買ったセットに
コルクやブラシや白い布(ファイバーテックス)が入ってたー
でも使い方分からないよー
と放置していた方、ぜひお試しください。

スポンサードリンク


関連記事とスポンサードリンク

コメント