持つだけで達人!?アウトドアペグハンマーのおすすめは?

キャンプでのワンシーン
テントのペグ打ち!

キャンプの達人が手際よく打ち込んでいるその手元は
何やらごついハンマーを手にしていますよね?

購入したテントに付属していたペグハンマーに満足いっていない…

そんな時はアウトドアで人気のペグハンマーを
手にしてみて下さい!

ガシガシとペグを打ち込むその姿はもう達人!?

今日はそんなキャンプの達人が使う人気のペグハンマーを紹介します!

スポンサードリンク

アウトドアペグハンマーのおすすめは?

まず紹介したいのはやっぱりスノーピークのペグハンマーです。

なんかやたらと重そうなハンマーを手にしている人を
見たことありませんが?

おそらくそれはスノーピークのペグハンマーPRO.Cかもしれません。

スノーピークのペグハンマーPRO.Cのレビュー

ヘッドが交換できるモデルでスノーピークファンだけでなく
多くのアウトドアの達人にも支持されているペグハンマーです。

スノーピーク ペグハンマーPRO.C

こんな大満足のレビューが寄せられています。

・硬い地面でもなんなく打ち込める!
・苦痛だったペグ打ちでしたが、もっと打ち込みたくなる!
・持ち手のロゴやストラップが可愛い!
・銅のヘッドが手にやさしい

実は私もこれを使っているのですが
ずっりしとした重量のおかげで力を込めなくても
振り下ろすだけでどんどんペグが入っていくので
本当にペグ打ちが楽で気に入ってます!

スポンサードリンク

スノーピーク ペグハンマーPRO.Sのレビュー

次にご紹介するのは
スノーピーク ペグハンマーPRO.S

先ほど紹介したスノーピーク ペグハンマーPRO.Cと似ていますが
ちょっと違う点わかりますか?

多くく違うのはヘッドの部分です。
こちらのPRO.Sはスチール製で出来ています。

なので値段も安くなっています。
しかし、そこら辺のペグハンマーとは違いますよ!

・テントの設営が早くなった!
・子供が楽しくそうに手伝ってくれるようになった!
・こんなに楽にペグが打てるならもっと早く買えばよかった。
・手が小さい人にはちょっと大き目だけど、耐久性は良い

サイズは35×120×290mmでPRO.CとPRO.Sは同じですが
重量が650gと、670gのPRO.Cより20g軽くなっています。

ヘッドの先端の違いで、銅の交換ヘッドのPOR.Cに比べ
PRO.Sは交換不可能になっています。

村の鍛冶屋のペグハンマーのレビュー

そして最後にご紹介するのは

村の鍛冶屋 
焼入れ鍛造ペグハンマーエリッゼステークアルティメットハンマー

スノーピークと同じ、新潟の三条で作られている
信頼のペグハンマーです。

・カーブしている柄がすごく握りやすい!
・スノーピークでしっくりなかったけどこちらで不満解消しました。
・名入れサービスで所有する嬉しさがある
・女性にはすごく握りやすいサイズ感

スノーピークとの大きな違いはカーブした柄にあります。
確かにまっすぐな柄のスノーピークより手にしっくりすると
レビューしている方が多いようです。

全長 303mmで13mmスノーピークより長いですが
ヘッドが102mmと120mmの長さのあるスノーピークより小ぶりです。
重量は550gでスノーピークの650gと比べてかなり軽くなっています。

この辺りも女性に人気の理由ですね!

さいごに

多くのテントに付属されているアルミのハンマーって
しばらく使っていると、ヘッドと柄が分解されて壊れたり、
硬いところでペグが全然入らなかったりと
なかなk苦労することが多いですよね?

そんな時はぜひ今日ご紹介したペグハンマーを使ってみてください!

キャンプがますます楽しくなりますよ!

スポンサードリンク


関連記事とスポンサードリンク

コメント