アマゾンでクチコミ多数!超軽量25gのバーナーが気になる!

私、結構バーナーもいっぱい持っている
ちょいバーナーオタクなのですが
最近amazonなどで話題の超小型バーナーが気になります!

インターネットが普及してくると
こういう面白い商品も日本で手に入るんですね。

魅力的な時代です!
ちょっとそのストーブを紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

超軽量25gの中国のバーナーはどうなの?

その気になっているバーナーがこちらです。

こちらなのですが
スペックがすごい!

製造 中国
重さなんと25g
そして2300kcal
そして価格はなんと1500円くらい!

以前友達と話題にしていたのですが
この前一緒に山登りに行ったら
「じゃじゃーん!」ってドラえもんみたいに出してきたんです。

見ていたら、私のジェットボイルには勝てるわけはないですが
カップラーメンくらいの水は3分くらいで沸いていました。

アマゾンの販売ページに使用時間1.5時間
とあるのはちょっと意味が分からないですが(笑)
タイマー内蔵、1.5時間で壊れる???

燃料:ブタンガス
ってのも何のガスを取り付けるのかによる訳なので…

その辺の突っ込みどころは置いておいても
この価格でチタン製でこのスペックはかなり気になります。

そしてこれ

ハンドルの根本の色が違うだけでほとんど同じもの、
OEMでしょうか?

そして気になるって言ってて買っていないのには
ちょっと訳があるんです。

スポンサードリンク

PL法ってご存知です?

もし、製品に欠陥があってそれが原因により
体や財産に損害が出た場合に
製造会社などに損害賠償を申し出れるというものです。

で、なんで今回そんな話題をするかというとガスバーナーの場合、
ガスバーナー本体と結合するガスが
一緒のメーカーを使っていた場合にPL法は有効になる
とのことです。

つまり、もしバーナーとガスが違うメーカーの場合、
どちらが悪いかわからないので、もしも何かあったときに
どうにもならないということです。

このアマゾンで販売されている激安のバーナーの場合、
同じメーカーのガスは日本には入荷されていません。

ということは、このバーナーを使う場合は
必然的にプリムス、EPI、ジェットボイル、スノーピーク
キャプテンスタッグ、SOTOなどの既存のガスを使うことになります。

そんなめったに事故があるわけではないでしょうが
自己責任ということになりますよね。

クチコミにはコンパクトさを絶賛する声が多数寄せられています。
スタッキングの良さも好印象ですね。
※スタッキング 重ねて収納すること

ただ、一つ気になるのは
大きな鍋を使ったときにガス缶が熱くなるというレビューです。

お花見などで卓上コンロを2台並べて爆発したってニュース
見たことありませんか?

こんな動画もありました。

ガス缶が熱せられると爆発して事故が起きることがあります。
これからの缶で実験しているようですが、
中にガスが入っていたらすごく大きな事故になってしまいます。

この話題のバーナーの場合構造的に大きな鍋は乗せないと思いますが
大きな鍋だとその下部が高温になります。

すごくコンパクトなバーナーなので
鍋とガス缶の距離が近いこのバーナーは
使用の際には十分な注意が必要ですね。

さいごに

ちなみに私
MSRのポケットロケット、リアクター
VARGOのストーブ
ブラントンのストーブ
などなど日本未発売のもの色々持ってまして、
すべて自己責任で使ってます。

そんなにいっぱいのバーナーもはやコレクションになってます(笑)

でも1500円なら安いからっていう言い訳にもなりますし、
コレクション増やしてもいいですか?

スポンサードリンク


関連記事とスポンサードリンク

コメント