見やすい、使いやすい、壊れない!?登山の地図ケースのおすすめ3選!

登山に地図は絶対に必要なものですが
皆さん地図を何に入れて持ち歩ていますか?

地図は四六時中見ているわけではありませんが
必要な時にささっと取り出せないと不便ですよね?

私も様々な地図ケースを試してきました。
失敗も含めて…

今日は登山で使う地図ケース(マップケース)のオススメ3選をご紹介します!

スポンサードリンク

登山の地図ケースに求める性能は?

地図をちゃんと読まないと、迷ってしまってこんなことも…

なので、地図はとっても大切です。

そして、それと同じくらい地図を守る地図ケースは大切なんです!
今日は地図のわき役の地図ケースのおすすめを紹介したいと思います。

とおすすめの地図ケースを紹介する前に、
地図ケースに求めたい条件を独自目線で書いてみたいと思います。

地図ケースに必要な機能、スペック

1、見やすい!
当たり前なのですが、これを満たしていない地図ケースってのもあるんです。

2、壊れない
地図ケースって結構開閉するんですよね?
それに耐えない地図ケースは当然NGです。

3、寒さに強い
2の項目に似ていますが、マイナスの気温で使うと割れてきてしまうものもあります。
当然NGです!

4、経年で劣化しにくい
地図ケースっていうからには視認性は当然の機能です。
ただ、どうしても透明がくすんできて見辛くなってしまうものもあります。

これも使い込まないと分からないところではあります。

ただ、これをすべて満たす地図ケースってなかなか無いんです…

なので、すべてではないけど
これならいいんじゃん?というものをデメリットも含めて紹介したいと思います!

登山地図のオススメ3選

まずはこれです。

オスプレー ULマップラップ

この地図ケース、かなりおすすめです!
上にあげた条件ほとんどクリアしていると思います。

まず、ロール方式で使いやすい!
そして、ザックにぶら下げられるようにループがついています。
ナスカンなどを付けたり、工夫してザックのサイドに付けられるんです。

または、ザックのショルダーベルトのちょうど
胸のところにつけるのもおすすめです。
ループを使ってブラブラしないようにできるのも
オススメできるポイントです!

見たいときには取り出してクルクルっと広げてすぐ見ることができます。

耐久性も視認性もしっかりしていてすごく使いやすいです!

スポンサードリンク

次はこれ

パーゴワークス パスファインダー M

こちらは、ザックにストラップで取り付けた
お腹の前のポーチの中に地図を入れます。

見たいときにさっと見れる点では群を抜いています!
ポーチの中には行動食などを入れることもでき、
一度使うと便利さで手放せなくなっちゃいます!

最後はこれ

ロックサック 防水マルチケース

ジップロック???
と思わせるその外見ですが、ジップロックなんて足元にも及びません。

私はジップロックも使ってきましたが
沢登りの時など知らない間に必ずと言っていいくらい地図は濡れちゃいます。

でも、こちら60m防水
しかも-40度でも硬くならないという性能なんです。

価格も1枚800円くらいで、使い捨てではないので
コストパフォーマンスもいいですね!

ただ、しばらく使っているとくすんできちゃいます。
視認性という面ではちょっと劣っちゃいます。

そしてただのジップロックみたいな形状なので
収納する場所にも困っちゃいます。

私は上部の余白部に穴をあけて紐をつけて、
ロックサック自体を丸めてザックのサイドポケットに入れています。

さいごに

最後にちょっと触れたのですが
ジップロックでいいじゃん?
とも思いますよね?

使っている地図が昭文社の地図などで防水ならばいいのですが
国土地理院の地形図だったりすると、濡れちゃうともう目も当てられなくなります。

大事な地図ですからそうなる前にちゃんとした地図ケースに入れましょうね!

スポンサードリンク


関連記事とスポンサードリンク

コメント