アマゾンでMYCARBON焚き火テーブルを買ってみてユニフレと比較してみた!

前から気になっていたユニフレームの焚火テーブルのパチモノのMYCARBONというメーカーの焚き火テーブル。
キャンプに行く予定があったので、じゃあってことで買って比較してみました!

買いなのか?買いじゃないのか?
参考になったら嬉しいです♪

スポンサードリンク

MYCARBON焚き火テーブルとユニフレーム焚き火テーブルの比較レビュー

ずっと気になっていて今回買ったMYCARBON焚き火テーブルはこちらです。

そして言わずと知れたダッチオーブンのお供のユニフレームの焚火テーブル

あまりに便利なのでもう一つ欲しかったのですが、7500円はまーまー高い!
ということで、アマゾンで5000円ちょっとで買うことが出来る「MYCARBON焚き火テーブル」が気になっていました。

ということで届いたところからのレビューです!

梱包状態

化粧箱はいたってシンプル。
使っていれば傷はつくし、へこむだろうから、致命傷にならない程度に梱包されていればOK!

開封後

内容物

・本体&足
・角あて
・収納袋
・説明書

購入時にちゃんと説明を読まずに買ったから収納袋がついてきたのは嬉しい誤算!

組み立てたところ

ユニフレームの焚火テーブルとの比較

高さは若干ユニフレームの方が高いです。

縁の比較


やっぱり木目がグッと高級感漂います!
でも実用的にはなくても大丈夫。

併せた大きさ比較

木の縁の分だけユニフレームが大きいです。

並べた比較

裏から見た比較

重量比較(実測)

ユニフレーム 2645g

MYCARBON 2090g

足の径の比較

あまり差はありません。※下段の写真はユニフレにセットしていますがMYCARBONです。

ただ、本体のステンレスの厚みの関係と若干の大きさの関係で、MYCARBONの足はユニフレに収納できますが、ユニフレの足はMYCARBONには収納できませんでした。

セットは出来ますので足は入れ替わっても使えます。

足の先端の比較

左がユニフレーム、右がMYCARBON

スポンサードリンク

予備で入っていた足のジョイント部のネジとナット

購入時は「要らないでしょー」って思っていたのですが、使っていたらすごく緩んでいて危うく無くしそうになりました。
ユニフレームはナットにゆるみ止めの樹脂が入っているので流石です。
これはユニフレの勝ち!

そして付属されていた「角あて」。
柔らかい樹脂で出来ているものなのですが、両面テープで張ります。
貼ったときに既に樹脂にはあまりくっ付かず、天板にしっかりくっ付くので嫌な気がしていたのですが、みごとにすぐ剥がれました。

脛をぶつけたときなどにはあったほうが良いのでしょうが、要らないと判断して除去しました。
写真は剥がれて両面テープだけ残ってしまったシーンです。

絶対にゴミが付着してきて汚くなります。

使っているシーン

写真は蓋を載せていますが、料理が入った12インチのダッチオーブンもしっかり支えてくれています。

そして嬉しい誤算はこれ!

付属の収納ケースはルーズに作られているので、ユニフレームと2枚入りました!

ケースもユニフレームでしょ!?と行きたいのですが

2900円もしますのでMYCARBON焚き火テーブルに付属のケースで十分です。
2枚入れても切れる気配もありません。

結果アマゾンで買ったMYCARBON焚き火テーブルは使えるのか?

ユニフレームの焚火テーブルと2000円以上の差があるMYCARBON焚き火テーブル買いか買いじゃないのか?

結論

買いです!

こちら出来上がったフライドチキン!

半端なく美味しかったです♪

スポンサードリンク


関連記事とスポンサードリンク

コメント