登山レインスパッツって外側にするの内側にするの?正しい使い方は?

226612

イラストの足元の靴のカバーみたいのを

登山では
レインスパッツ
スパッツ
ゲイター

などと言いますが、これの正しい装着方法は?

と聞かれてこっちだよ!ってすぐに答えられますか???

スポンサードリンク

登山スパッツを外側にする理由

いろいろ呼び方はありますが
その一つにレインスパッツと言う名前がついている位なんだから
雨のときに使用しますよね?

でも最近では
一つの登山のスタイルとして
晴れでもいつでもどこでも使用している人も見かけます。

富士山などでは
その独特の岩の質より、
砂や岩が靴に入ってこないようにも使います。

また、晴れていても早朝などは
朝露で結構足元が濡れていて
草に触れたズボンがビショビショにならないよう

使ったりもします。

なので絶対雨のときだけ使わなければならない訳では有りません。

そんないろいろな使い方ですが
今あげたような場合は通常通り
スパッツはズボンの外側でいいと思います。

フムフム

今あげた場合って?
それ以外あるの???

ってとこなんですが

雨の場合に話を絞ってみますと、
もうとにかくものすごい雨が降っていたとします。

それはそれはゲリラ豪雨くらいの雨です。

樹林帯ならば多少は雨宿りになりますが
山で逃げ場が無ければおそらく歩き続けますよね?

そんな状況を思い浮かべてみてください。

登山レインスパッツのおすすめの使い方

ゲリラ豪雨のような雨の中
上下のレインウェアを着て
足元にはレインスパッツ

靴はもちろんゴアテックスの登山靴!

よし!もうどこも濡れないぞ!!!

スポンサードリンク

って万端で歩いているのですが、
良くあるゴアテックスの靴の中が
自分の汗で濡れたわけではないのに
靴の中がビショビショ!

なんで???

そんな経験をしたことある方もいると思いますがいかがですか?

これなんですが、装備は完璧だと思います!!!
うんうん!

ただ1点だけやってみて欲しいのが

レインスパッツを、レインウェアの内側に装着してみてください。

晴れでもいつもレインスパッツしている方なら、
そのままレインウェアを履いちゃってください。
外に付け替えずに。

つまり、
靴⇒パンツ⇒スパッツ⇒レインパンツ
と言う順番です。

ちなみにレインパンツを履くときは
これを知っているとズボンを汚しませんよ!
スーパーのビニール袋が登山では便利グッズになるんです。
靴を脱がないでレインウェアのズボンをはく方法

登山レインスパッツの内側につける理由

靴⇒パンツ⇒スパッツ⇒レインパンツ
と言う順でなく

普通は

靴⇒パンツ⇒レインパンツ⇒スパッツ
ですよね?

そうすると、豪雨でレインパンツ上を流れるように落ちる雨は
レインスパッツの内側を流れることが有ります。

すると丈が短めのレインパンツを履いている人や
歩いているうちにレインパンツがあがって来ている場合
靴の中に雨が流れ込んで行きます・・・

するとゴアテックスなど水を通さない靴の中は???

当然ビショビショになってしまいます。

なので山の雨はいつ強く降るかわからないですよね?
そんなときはこれもいいですよ。

ただ、大事な雨具の裾は泥などで汚れちゃうんですよね・・・

まとめ

よくゴアテックスなのに蒸れた!濡れた!と言うのは
こんなパターンもあるんです。

他によくあるのはこのパターンです。
よろしければご覧ください。
ゴアテックスの靴が濡れる原因は?お手入れ方法は?

スポンサードリンク


関連記事とスポンサードリンク

コメント