スキー用品の値上げがハンパないから安いスキー場を紹介します

6a49958ea42cdd8ee490328ac178bf48_s
標高2500m超えはもうかなり白くなってきました!

スキーヤー&スノーボーダーはそわそわしていると思います。
ところで今年のスノー用品の値上がりハンパないですね!?

だからちょっとでも安くスキー、スノーボードに行きたい!
そう思うところなので格安のリスト券の紹介です。

スポンサードリンク
 

スキー、スノーボード用品の値上げがハンパないです!!

スキー、スノーボード用品の値上げがハンパないです!!!

例えばスノーソーって知っています?

雪崩がおきそうな斜面においてピットチェックと言って雪の柱を作るときや
雪の上でテントを作るときに使ったり
バックカントリーに入る人は必携と言われる道具があります!

ビーコン、ゾンデ、スコップの3種の神器に続く必需品ですね。

そのスノーソーにMSRというメーカーから出ている
ベータソーという商品があります。

↓これがその商品です。

この商品ですが上記リンクでは¥6,480になっていますが
実は今年2016年の価格はなんと¥9,720です!

スポンサードリンク

この記事を書いている2015の10/19の時点ではこのお店まだ値上げしていないですね?
(※ご覧になった上記のリンク先の価格を保証するものでは有りません)

在庫があれば買いですね!

と話は横に反れましたが、約4割りも値上げしています!
そんなことって有ります?

でもこれってこのマニアックなスノーソーに限っての話ではないんです!
輸入物の多いスキー用品、そのスノーボード用品全般においてそうなんです・・・

リフト券(シーズン券)が安いスキー場の紹介

こんなに値上げをしたらバックカントリーを始めようなんていう人は大変です。

もしAT(アルパインツーリング)スキー、テレマークスキーをはじめようと
道具を一式そろえたらいくらになると思いますか?

ざっとですが、30万は超えます!

大げさじゃないですよ、本当に!

だって、スキー板で10万超えは当たり前
ビンディングは6万円~7万円、
ブーツは8万円
スキーシールは2万5千円
ストックは1万5千円
位します。

道具だけでそれくらいですよ!ウェアを入れたら大変な金額です。

だったらどうしましょうか?
スキーいけない!

そうなっちゃいますよね?

だったらこうしません?
リフト券の安いスキー場に行こう!!!

でも言ったってそんなに安くは無いででしょ?
って思いません?

でもあったんです。
バカみたいにリフト券が安いスキー場が。

エッ!どこどこ?

そのスキー場の名前は

さかえ倶楽部スキー場

です。
さかえ倶楽部スキー場は長野県にあります。

このスキー場のリフト券は¥6,000です。

全然安く無いじゃん!
むしろ高くない???

いや、シーズン券が¥6,000ですよ!シーズン券が!

ただしこれは1/4~3/31の平日のみのシーズン券です。
期間は平日のみだけど1/4~3/31って言ったらシーズンのほぼ全期間をカバーしてますよね?

このシーズン券やばくないですか?

シニアに関しては全期間使える普通のシーズン券が¥10,600です!

このスキー場は大分やばいですね!
雪も多い地帯でパウダー派には密かに人気のスキー場です。

しかも今年は平日は出来る限り圧雪しないなんてうれしい宣言までしてくれています。
今年はさかえ倶楽部スキー場で決まりですね!?

まとめ

道具が高い分ココはリフト券がちょっとでも安いスキー場に行くしかないですね!
今はガソリンも安いし、もしかしたら上手くやればけっこう安くスキーにいける年なのかもしれませんね?

スポンサードリンク


関連記事とスポンサードリンク

コメント