自転車メーカーがスノーシューを作ってたんだ!?

自転車乗りならだれもが知っているであろう
ルイガノ

あのルイガノが実はスノーシューを出していたって知ってました?

実は私も全く知りませんでした。

スポンサードリンク

自転車メーカーがスノーシューを作ってたんだ!?

これがその写真です。

ジャジャーン

2016-01-14 09.15.54

分かりにくいですね。

これならわかりますか?

2016-01-14 09.16.00

ね?見覚えのあるロゴですよね?

モデルも山岳地帯で使えるモデルから
スノーRUN使えるモデルなど
かなりいろいろなラインアップが出ています。

そして気になる日本での発売ですが
まだ未定だそうです。

このまま行けば日本での輸入販売元は
ケンコー社という
ロックサック防水ケースやビックアグネスのテントなどを
輸入販売している代理店になりそうですが、
まだ発売は未定とのことです。

スポンサードリンク

今スノーシューって言ったらMSRの一人勝ちですよね?

昔はタブスやアトラスもだいぶ販売されていたのですが
今じゃMSRしか売れないからどこに行ってもMSRだらけ…

モンベルショップに行けばアトラスだらけだよー
ってのは、モンベルがアトラスの輸入販売元なので
当たり前なので。

あっ、そういえば来期MSRからデナリアッセントが復活しますね!

僕なんかあれで立山でスノーボードしてましたよ。
しかもアッセント機能がないやつで。

国見岳の斜面すら登れないんですよ
アッセント機能無いから。

でも同じアッセント機能が無くても
アトラスの10シリーズはガシガシ登ってましたね。

でも今じゃ同じMSRでもライトニングアッセント¥40,000超えじゃなきゃ
山登れないみたいになってますよね?

¥40,000も出さなきゃ登れない訳じゃないんですけどね…。
ちなみに来期のデナリアッセントは2万ちょいの予定価格です。

それはそうと
スノーボードも今じゃスプリットボードが当たり前になってきました。

僕がボードをしていたころは、日本ではスプリットはボレーとバートンくらい。
ナイトロも出してたかな???
ボレーの自作キットを買って自分で作ろうかと思っていた時期もありました。

知ってます?
スプリットボードは自分で作れるんですよ。

スプリットボードは買うのは高いからどうしよう?
って悩んでいる方、いらない古いボードが有ったら自作にチャレンジしてみては?

これがそのボレーのスプリットボードカタログです。
やばいですよね?
見ているだけで楽しくなっちゃいます。

スポンサードリンク


関連記事とスポンサードリンク

コメント