登山のストックのしまい方 鎖場や岩場ではどうする?

今や山登りではストックは
スタンダード装備になりつつあります。

おとといの記事で山登りに必要な装備には入れませんでしたが
かなりの方がストックを購入されています。

ところでストックを使わないときどうしていますか?

いちいちザックを降ろしてザックにくくりつけるのとか
面倒ですよね・・・

ストックのしまい方はどうしましょう?

スポンサードリンク
 

登山のストックのしまい方 鎖場や岩場ではどうする?

ストックは使っているときは良いのですが
使わないときって結構邪魔になりますよね?

急に現れた鎖場や岩場
そんなときが邪魔になる瞬間ですね。

両手をフリーにしたいのでストックをどこかにしまいたいです。

通常はザックをいったん降ろして
ザックにくくりつけたり、ザックのサイドポケットを利用して
ザックの側面につけたりします。

でも鎖場や岩場は狭いこともあり
出来ればザックは降ろしたくありませんよね?

そんなときにいいのがオスプレーのザックについているシステムです。

ストウオンザゴー

と言うシステムなのですが、ザックの底部サイド辺りと
胸元でストックを固定します。

すごく簡単で立ったままできてザックを降ろす必要が有りません。

言葉では言うのが難しいのですが
武士の脇差しのようになります。

2016-04-04 19.07.43

オスプレーは純粋にザック&バックのみを作ってきたメーカーです。
こういう点がオスプレーのすごいところです。

開発力がすごいです!

とオスプレーのザックのすばらしいところを伝えていますが、
別にオスプレーのザックを売ろうとしている訳では有りません。(笑)

スポンサードリンク

先日お伝えしたフィールドライフ2016春号ですが
この中にこのシステム
ストウオンザゴーを簡単に作っちゃおう!
と言う企画があるんです。

完成の写真はこれです。

2016-04-04 19.11.35

読んでみると分かるのですが
本当に簡単に作ってますよ。

材料費なんて数百円ですね。

いつもストックが邪魔だなー
と困っている方作ってみたらどうですか?

作り方はフィールドライフに解説してあります。
今ならまだお店にフィールドライフあるかもしれませんよ。

無料のフリーマガジンなのですぐ無くなっちゃいますので急いでくださいね。
行きつけのお店に電話して聞いてみるといいかもしれません。

スポンサードリンク


関連記事とスポンサードリンク

コメント