スノーボードウェアの洗濯の仕方について

2e3342669347ec07c73fd6f9d1a18b23_s

もう今シーズンはスノーボード終了~
という方も多いと思います。

そんな方は面倒になる前にスノーボードウェアを
洗って片付けましょう!

しっかりメンテナンスすれば機能は復活しますよ!

スポンサードリンク
 

スノーボードウェアの洗濯の仕方について

スノーボードウェアに限らずスキーウェアも
一緒なのでスキーヤーの方も是非参考にして下さいね。

シーズンオフの保管というと
クリーニングに出すという方も多いと思います。

でもスノーボードウェアはご自宅で洗濯ができますよ。
防水加工までご自宅で出来るんです。

良く行く人は年に一回のクリーニングだけじゃなく
小まめな洗濯のほうが防水力(撥水力)は落ちないので
シーズン中のメンテナンス方法でもあります。

※防水と撥水という言葉が出てきています。
防水スプレーと言う表現は正確には撥水スプレーが正しいです。
ウェアの防水は防水生地の性能です。

なので、メンテナンスでは撥水力を復活させると
言うことになります。

ではその方法を紹介しますね。

まず、洗剤は専用洗剤&防水(撥水)液を使ってください。

なにが専用かと言うと、
ウェアの持っている透湿性を損なわない様に作られています。

つまり汗を出す機能を損なわないように作られています。

スポンサードリンク

スノーボードウェアには防水スプレーをかけると思うのですが
スプレーによっては生地の目を埋めてしまい
透湿がなくなってしまいます。

また違うタイプのスプレーによっては
防水材が生地の表面にかかるだけで
持続性がない物もあります。

でも、専用の洗剤は洗濯機による付け置きタイプなのですが、
付け置いている間に繊維の1本1本が撥水加工されます

なので目は埋まりませんから透湿力は落ちないので
汗を掻いても汗が出て行き快適です。

そして表面だけの加工じゃないので持続性もあります。

この撥水加工を施す前には下処理として
ウェアをきれいにしなければ効果は発揮されにくいです。

実は普通の洗剤だと洗濯カスが
残りやすかったりするのできれいに撥水がかからないことが有ります。

なので専用の洗剤と撥水液はセットで使うことをおすすめします。

紹介したようなメンテナンスをして
シーズンオフの保管をすれば来シーズンは
出して気持ちよくそのまま使えますよ。

まとめ

専用洗剤と言うとアウトドア界では
ニクワックスとグランジャーズの2メーカーが有ります。

どちらでもしっかり性能を発揮しますので
お好きなほうで良いと思います。

スポンサードリンク


関連記事とスポンサードリンク

コメント