ブラックダイヤモンドヘッドライトそっくりさんSunix

こんなライトがあるんですね!?

やっぱりLED業界の値下がり感は半端ないですね。

100均にも登山で使えるものはいろいろあります。
さすがにヘッドライトは100均では買わないですが
このヘッドライトはありかもしれないですね、、、

と、試してみたいところなのですが
うちにはペツル、ブラックダイヤモンドのヘッドライトが
ゴロゴロしています。

なので今日はこんなものがあるんですねー
という紹介です。

スポンサードリンク

ブラックダイヤモンドヘッドライトそっくりさんSunix

こちらが本家ブラックダイヤモンドのリボルトです。


アップで見るとこんな感じです。

BD81086S

USBケーブルで充電できる商品ですごく人気の商品です。

でも残念ながらもう廃盤になってしまいました。
現行品だとスプリンターが充電式ですが電池ボックスと
一体型ではないので同じようなものはもうないんです。

私も1つ持っているのですが
廃盤になる前に買っておいて良かったなーと思います。

今市場に出回っている在庫だけになりますから
そのうち買えなくなっちゃいます。

もし、これを読んでいるタイミングで
リボルトが手に入らなくて残念がっている方がいましたら
朗報です!?

こんな商品があるんですよ。
(ご購入の際は自己責任でお願いします。
冒頭で触れたように本商品を試したわけではありません。)


形がブラックダイヤモンドそっくりです!

2000mAhのリチウム充電式電池が付属して
ヘッドランプに直接ケーブルをつないで充電できます。

山では充電できないんじゃない?
と思う方がいますが、今はスマホの携帯充電器を
持って行ったりしますよね?

それで充電が出来るんです。
ジャックはアンドロイドとかと同じ形です。

iphoneのは形が違います。

1本は付属で付いてきますから
それを使えば問題は無いですね。

さいごに

アマゾンのレビューを見るとかなり明るくて
皆さん満足している様子です。

防水性はブラックダイヤモンドがIPX4に対し
なんとSunixのはIPX6ですね。

IPX6ってかなりの水がかかっても大丈夫という基準だから
これが本当ならばかなりすごいですね。

ちなみにIPX4はあらゆる方向の飛沫に対して影響がないという基準だから
普通の雨などは問題いありません。

また電池ですが
ブラックダイヤモンドは専用の充電池だけでなく
入れ替えれば普通の単4電池も使えます。
出先で、充電のすべもない時は対応できますね。

Sunixは充電方式のみですね。
うえで紹介したとおりモバイルバッテリーが使えるのですが
それだけで済む人、済まない人がいるでしょうから
使い方次第ですね。

スポンサードリンク


関連記事とスポンサードリンク

コメント