山岳テントの選び方の重さについての小話

山岳テントって高いですよねー

重量やカサで言ったら大きなキャンプ用テントのほうが
高いんじゃない?って思うのですが
一人用のすごく小さなテント、重さにして1・2kgくらいが
5万円とかします。

よく分からなですよね?

こんな風に高いので、実際購入するときはしっかり選びたいですね。

今日はそんなテント選びの小話です。

スポンサードリンク

山岳テントの選び方の重さについての小話

例えば山岳用テントの2人用を選んでいたとします。

例えばこの辺りを検討する方が多いと思います。



あとは、モンベルのステラリッジテント、プロモンテのVLシリーズ
と言ったあたりが候補に挙がると思います。

ここまでは店頭に行かなくても
口コミを見ていると絞れてくることが多いんじゃないでしょうか?

スポンサードリンク

そして1つに絞るとき、一つの判断基準として
重量を見ますよね?

そんなときの話なのですが、
カタログに記載して有る重量を見て単純に決めちゃだめなんです。

そういうことかと言うと、
あの記載して有る重量ってメーカによって
・テント本体だけだったり
・付属品を一部含んだり
・付属品をすべて含んだり
バラバラなんです。

だから実際に比べるならば、
すべてを含んだ重量で比べてくださいね。

そうなるとネットではなかなか分かりずらいですね?

そんな時はどうするか?

それは

電話をかけて下さい。

山の店であれば在庫があるものは計ってくれるはずです。
もちろんそこまでしてくれたら
そこのお店で買ってあげたら店員さんも喜ぶでしょうが
買う側にもいろいろ事情が有りあります。

楽天ポイントだったりなんやら、、、(笑)

10年とか付き合うテントかもしれません。
後悔はしない様にしっかり比べたほうが良いと思いますよ。

今日の話はテントに興味のない人には
えっ、たった50gの話?
って思われるかもしれません。

そうなんですたった50gとかの話をしているんです。

でも、テント泊の人にはすごく大きな問題なんです。
50gで¥10,000違うかもしれません。

50gで¥10,000なんてバカらしいかもしれません。
でも、もしかして命にかかわる50gかもしれません。

重量がテントを選ぶすべての基準じゃありません。

生地の強さ、耐風性、居住性、価格
いろいろあります。

でも重量を見る際はこんなポイントもあるんだよと言うことで
覚えておいておらえたら嬉しいです。

楽しいテントライフをお過ごしくださいね!

スポンサードリンク


関連記事とスポンサードリンク

コメント