ロックサックの使い方のまとめ|山の登り、キャンパー必見!

今やスマホの防水ケースとしてアウトドアでは常識の
LOKSAK(ロクサック)はご存知ですか?

見た目はジプロックかもしれないけど
全くの別物です。

2重ジッパー、60m防水、寒くても固くならない素材
超軽量、U.S.NAVYご用達

その高性能が信頼されて
アウトドア、登山で愛用している人が増えています。

そのロックサックの使い方のまとめです。
気が付かなかった使い方もあるかもしれませんよ。

 

ロックサックの使い方のまとめ|山の登り、キャンパー必見!

まずは基本の使い方から

スマホケース

ケースに入れたまま、ちゃんと操作や通話ができます。
カメラ機能だってちゃんと使えますよ。

カメラの場合の問題は、ロックサックが古くなってきたときだけです。
ロックサックが黄色がかって来ると、
画質が悪くなっちゃいます。

それ以外は、60m防水、U.S.NAVYご用達のタフさが安心です。

エマージェンシーグッズケース

やっぱりこの使い方は外せません。
私もこのように使っています。

a 使用サイズ スマホラージ

例えばこのように使ってますが中身は
テーピング、鏡、防水マッチ、針と糸などを入れています。

財布

私の友人の女性も山でのお財布はこれだそうです。

でもこの前、街であった時もそれを使っていました(笑)
あまりに使いやすかったんでしょうね?

「一度カード無しの生活をやってみると結構気楽だよ」
と言っていました。

車のカギ

リモコン付きの車のカギは濡れる訳に行きませんもんね。

スポンサードリンク

ティシュケース

これはすごいです。
感動しました!

山に持って行くティッシュは水に溶けるティッシュを
持って行くのですが、水にぬれない様にすごく気を使います。

濡れたらみんなくっついちゃうので
本当に必死です(笑)

このアイデアはすごい!
蓋だけ売ってますもんね。

子供のおしりふきにはこれを使っているのですが
応用できるとは気がつきませんでした。

これならば、1枚ごとにふたを出来るので
ティッシュは濡れないです。

アメニティ類


歯ブラシ、シェービングフォーム、ひげそりなどなど
あまり山じゃつかわないものもありそうですが
いろいろ応用が効きそうです。

私は常備薬も入れたりしています。

こんな感じです。
b 使用サイズ スマホスモール
整腸剤、鎮痛剤、絆創膏などです。

カメラ入れ

防水はもちろんなのですが、
冬など外気温と室内の温度差が激しい時の
結露対策としてもおすすめです。

ロックサックは大きさがすごくたくさんあります。
私は大きなものを地図ケースにしたりしてます。

昔、沢登りの時にジップロックで地図を持って行ったら
遡行図がビショビショになって痛い思いをしたことが有ります。

よくある防水マップケースはその構造上全く防水じゃありません。

なので完全に水からシャットアウトするときは
60m防水のロクサックがおすすめです。

こんな感じです。
c 使用サイズ Lサイズ(305×318mm)

一緒に写っているものは
ヘッドランプと予備電池、これらも濡れたくありません。
もう1個は、火を起こすときに使うメタなどです。

さいごに

今まで、防水ってかなり気を使っていました。

何重にもしたはずなのに、なぜか濡れていたり
そんなことはしょっちゅうありました。
でも、軽量でしっかり防水性があるロックサックを使ってからは
防水にはたいして神経を使わなくなったのも良いところです。

山だけではなく、海もプールも、
ディズニーランドのビックサンダーマウンテンだって
アウトドア全般で使えるロックサックです!

参考までに大きさの目安ですが、
iphone6にはスマホラージがちょうどよいです。

私がエマージェンシーグッズやヘッドランプなどを
入れているのもすべてスマホラージです。

薬はスマホスモールです。

地図はLサイズを使っています。

スポンサードリンク


関連記事とスポンサードリンク

コメント