BE-PAL付録のマムートポーチをクソまじめにレビュー(笑)

resize0086

私も今までいろいろレビューの記事を書いてきました。

でも、こんなふざけたレビューは見たことがりません(笑)

だって、雑誌の付録のマムートのポーチですよ!
ずっと買えるものなら良いのですが
もう今後買えなくなっちゃうわけですから。

でも、レビューしたいくらい
それくらいうれしかったんです!

スポンサードリンク
 

マムートの2WAYポーチのレビュー

昨日もツイッターに速報を挙げたのですが
買っちゃいました!

BE-PAL 2016 7月号

2016-06-12 20.59.58

いったい何年ぶりにBE-PALを買ったのでしょうか?
全く覚えていないので10年位前かもしれません。

じゃあ、なんで今回買ったかというと
本当はBE-PALが欲しかったからではありません。

iphone6のケースが欲しかったんです!

今年の2月にギャラクシー SC-06DからiPhoneにしたのですが
3mmくらい長くなったせいで
今まで使っていたケースに入れられなくなってました。

バンパーケースを外せば入るのですが
絶対に落として割りそうですし
カメラのレンズが飛び出ていることに
納得が行ってないのでバンパーケースは必須です。

なので探していたのですが
私の条件は腰につけたい!
です。

いろいろ探しに行きました。
好日山荘とか。

でも、入るという第1条件を満たすと
それにはカラビナループがなかったり、
カメラケースだから分厚かったり、
かなりぎりぎりだったりだったり。

本当に見つからなかったんです。

でも、これは大丈夫です。

測ってみると
外寸90mm×145mm(実測)

公表値は95×150×13mmです。
縫いの関係でフワってしているから実測が小さくなっていますが
公表値はしっかりあると思います。

私のiPhone6はバンパーケース込みで
72mm×143mm

縦がキリギリじゃん?って感じですがケース自体に
15mmくらいのマチがあるのでちょうどよいです。

ジッパーの開け閉めも完璧です。

腰につけるとこんな感じ

resize0086

ナスカン(カラビナ)をつけると感じ

resize0092

バンパー付きのiPhone6を入れるとこんな感じ

resize0093

バンパー付きのギャラクシーを入れるとこんな感じ

resize0088

まだザックには付けていないので
というかスマホが防水じゃないのでつけないとは思いますが
付けるとこんな感じになります。

resize0089

マムートマークが存在感ありますね。

スポンサードリンク

2016年7月号のBE-PAL売ってないよ、販売店はどこ?

こんなレビューをしたら欲しくなっちゃう方も
いるかもしれません。

でも、もうなかなか手に入らないなんて噂も
ちらほら出てます。

私は昨日ふと入ったコンビニ(セブンイレブン)で
みつけました。

もう運命かと思って、すぐ買ちゃいました!

もし、本屋さんやコンビニで手に入らなかったら
まだアマゾンにありますよ!

アマゾンのマーケットプレイスです。

ちょっとプレミアが付いちゃっているようですが、、、
でも、送料も高くないから
探し回るより安いかな?
なんて思います。

リンク貼りますが
その時にどのくらいの値段なのかは分かりません。

参考までにBE-PALは定価780円です。

本日のアマゾンは
¥ 969+ ¥ 257 (関東への配送料)でした。

iPhoneの防水ケースと言えばロックサックですが…

iPhoneの防水ケースと言えばロックサックですが
iphone6を入れるとするとロックサックのサイズはスマホラージです。

スマホ自体が防水でないですから
軽くてコンパクトなロックサックを使う人が多いのですが
残念ながらスマホラージ自体が89mm×165㎜(内寸)
あるので入りませんでした。

マムートのポーチは、外寸90mm×145mm

じゃあ、ロックサックのスマホスモールは?
と入れてみたら76mm×140mm(内寸)で入りそうなのですが
これは内寸なのでジッパーを含んでない数値です。

入りませんでした。

ジッパー部分を折れば入るのですが
その場合にロックサックにiPhoneSEとか5sが入るのかは
そのスマホを持っていないのでわかりません。

さいごに

この商品ですが止水ファスナーを使っています。

止水ファスナーって、止水であって防水ではありません。

大雨なら確実に水は入りますし、
大雨でなくても入ってきます。

使われているターポリンは防水です。
でも、このスペックから言って、
過信すると間違いなくスマホは水没します。

入った水はなかなか抜けていきませんし。

それで痛い目にあってきている人をたくさん見ています。

それぞれにあった使い方をして
アウトドアを楽しんでくださいね!

スポンサードリンク


関連記事とスポンサードリンク

コメント